シェアする

金鉱に栄えた旧都・世界遺産オーロ・プレットはブラジル旅行の癒やし

ouropreto9

大壮なタイトルを付けましたが、オーロ・プレットはその名に恥じない素晴らしい都市であると思っています。

南米旅行をしていると「絶景」や「歴史溢れる街」に触れる機会が多々あります。これこそが南米だ!ブラジルだ!という観光地はこれはこれで楽しいのですが、長らく旅をしているとちょっと疲れてしまいます。

またシニア層の方にとっては少しゆったりと時間を過ごせる観光地が欲しいということがあると思います。

そういう点で、オーロ・プレットは本当にオススメの観光地の一つです。歴史と景色とそしてゆったりとした空気が程よく混ざった、ヨーロッパの古都を思わせる雰囲気があなたを待っています。

Sponsored

世界遺産オーロ・プレットとは 

ouropreto4

オーロ・プレットはポルトガル語で「黒い金」の意。古くはミナスジェライス州の州都であり、金鉱の街として大変に栄えた街です。その後、金の採掘量の減少、また多くの事故があったらしく、州都はベロ・オリゾンテに移されましたが、今でもその歴史から人気の観光地となっています。

1980年に世界遺産に登録されたことで、観光も大変盛んで、日本のガイドブックではあまり紹介されていませんが、是非とも訪れたい都市の一つです。

足元の黒い石は鉄鉱石だそうです。

足元の黒く光っている石は鉄鉱石だそうです。

現在金の採掘はそれほど盛んではないようですが、今日においても鉄鋼や宝石の採掘が続けられ、ブラジルの宝石のほとんどはミナスジェライス産だったりするそうです。そもそもミナスジェライスとは「万人の鉱山」という意味でして、その旧都は非常に興味深いものです。

オーロ・プレットの主な観光場所

オーロ・プレットは鉱山の街であったわけですが、鉱山採掘で栄えたこの都市ならではの歴史が生み出した建造物や鉱山跡地が主な観光場所です。

チランデンチス広場(Praca Tiradentes)

チランデンチス広場はオーロ・プレットの中心となる広場です。ここを起点に色々と見て回るといいでしょう。

この広場の端に見える大きな建物はインコフィデンシア博物館(Museu da Inconfidencia)という昔の刑務所で今は博物館として開かれている建物です。

僕が行った土曜日にはちょうどお祭りが開かれており、夜は野外コンサートで大変に盛り上がっていました。世界遺産でここまではしゃいで良いのだろうかと思いましたが、ブラジルはやはり別格ですね。。。

広場で開かれた夜のコンサート。MPBというブラジリアン・ポップはゆったりとしていて、音楽が街に溶け込んでいきます。

広場で開かれた夜のコンサート。MPBというブラジリアン・ポップはゆったりとしていて、音楽が街に溶け込んでいきます。

教会群

ouropreto

Nossa Senhora do Carmo教会 画像:fricr

金で栄えた都市だけあって、教会の装飾は豪華絢爛です。オーロ・プレットには20以上のカトリック教会があり、これらを回るだけでも十分に一日を過ごすことが出来ます。

ouropreto6

山中にあるため、場所によっては天空の教会のように見える場所もあり、おっとりとしたロマンスを感じることができます。

金鉱跡地

金鉱はほとんど既に閉鎖されていますが、いくつかが観光用に開放されているようです。実際に中に入って、金鉱の歴史を学ぶことができます。

最も有名なのはシコ・ヘイの金鉱跡(Mina do Chico Rei)のようですが、僕が友人に連れられて行ったところはMina de Ouro Jejeというところでした。大きくはありませんが、専門のガイドが着いてくれて、25レアルでした。

狭い金鉱を進んでいきます。ガイドがついているので結構楽しめます。

狭い金鉱を進んでいきます。ガイドがついているので結構楽しめます。

他の例に漏れず、オーロ・プレットも多くの奴隷によって支えられた鉱山です。彼らがどのようなところで、またどのような思いで働いていたかを知るにはとても貴重な経験になるでしょう。

冒頭で事故により鉱山の閉鎖が増えたと記載しましたが、当時は奴隷は高価な財産であり、これを守るためにこの地での採掘を諦め、他の地域に移動した鉱山も少なからずあったそうで、奴隷と採掘という今日においても無視できない問題について改めて考えさせられました。

宝石店

宝石の産出地ということで、中小の宝石店が軒を並べています。やはり地元で購入するのが最も安いでしょう。たぶん。

と思いまして、僕も知人の頼まれごとのために、一つ宝石を購入してみました。

ouropreto8

購入したのは1.5カラットのトパーズ(18金のチェーン付)。これで1,000レアル(約32,000円)でした。元々1240レアルだったものを約20%値切ってみました。

宝石というのはカットや透明度など様々な要素で価値が決まると思うので、正直素人にはその価値は分かりません。ただ、トパーズの一つインペリアル・トパーズは世界中でここミナスジェライスでしか採掘できない宝石なのです。

今回購入したものはインペリアル・トパーズではありませんが、そうしたストーリーと一緒に考えるとおみやげには非常に最適だと思います。イヤリングはもう少し安かったですね。

どなたかもし価値が分かりましたらご教示下さい。

オーロ・プレットへの行き方

オーロ・プレットには空港がないため、主要各都市または近くの空港からバスで移動することになります。

最寄りの空港は現在の州都ベロ・オリゾンテのコンフィス空港になります。ここから約100kmの位置にオーロ・プレットがあります。僕は友人の車で移動したため正確な時間は分かりませんが、2時間~3時間もあれば到着します。

またリオデジャネイロから約6時間、サンパウロから11時間程度で到着します。共に夜行バスなどで向かうのがいいでしょう。

ただ、個人的なオススメとしては、ベロオリゾンテに先に向かい、数日をベロオリゾンテで過ごしてから行くのが良いと思います。ベロオリゾンテもまた非常にゆったりとした街で、静かな時間を過ごしながら、ちょっとお酒を楽しむに最高の街です。

具体的なバスの値段などは以下の記事を参照下さい。リオデジャネイロからなら100レアル前後で移動できると思います。

ブラジルで長距離バスを予約するならBuscaOnibusが便利
ブラジルは日本の20倍以上の面積がありまして国内移動と言っても日本列島を縦断するような距離があったりします。本当は飛行機が最も早くて楽なので...

参照 オーロ・プレット政府公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします