▶ ブラジル旅行に必要な全部まとめました ◀

ホテル経験者による海外ホテルのオンライン予約サイト(OTA)のおすすめ。条件別により異なる予約サイトのいろは。

宿泊
この記事は約7分で読めます。

最近はインターネット経由でホテルを宿泊されるという方が多いと思います。特に利用が多いのが「オンラインホテル比較/予約サイト」。

最寄りの地域などの条件で絞って、料金順に並び替えれば、自身に合ったホテルが簡単に見つかる時代。初めて訪れる海外のホテルだからこそ、口コミなども充実しているオンライン予約サイトを利用する方はますます増えています。

一方で、同じようなサイトが乱立しており、どのサイトを選択するべきか分かりづらいという方も少なくないはず。代表的なものだけでも、以下のようなサイトを皆さん聞いたことがあるのではないでしょうか。

【海外企業運営】

  • Expedia(エクスペディア)
  • Booking.com(ブッキング・ドット・コム)
  • Agoda(アゴダ)
  • Hotels.com(ホテルズ・ドット・コム)
  • Trip.com(トリップドットコム)

【国内企業運営】

  • H.I.S
  • エアトリ(旧DeNAトラベル)
  • じゃらんnet
  • 楽天トラベル
  • JTB

ここに上げているもの以外にも細かいサイトも含めて群雄割拠の状態です。

実は期間は長くないのですが、ホテルでマーケティングの仕事をしていたこともあり、どのサイトがおすすめか聞かれる機会も少なくありませんでした。

こうした経緯もあり、個人的な感想も含めて、オンライン予約サイトのおすすめを整理してみました。

  

目的別ホテル予約サイト(OTA)のすすめ

まずは結論を最初に。その後に、オンライン予約サイトの仕組み、それぞれの会社の特徴などについて書き連ねて行きたいと思います。

さて、冒頭の質問である「おすすめのサイトは?」ですが、これは「どのような条件で予約をしたいか」によります。いくつかの大きな目的について考えてみましたので、こちらからご自身にピッタリのホテル予約サイトを選んで下さい。

ホテル候補が決まっている。最低価格保証ならAgoda。

大半の旅行者にとっては、目的のホテルを最安価格で見つけることが予約サイトを利用されているのではないでしょうか。

この時おすすめしたいのが Agoda(アゴダ)。特にアジアや欧米で宿泊するなら本命です。主なおすすめポイントは下記の通り。

  • 最低価格保証
  • 航空会社マイルも貯まる「ポイントマックスプログラム」
  • 日本語によるサポートセンター
  • シンガポール発・アジア圏に強み
  • 民泊から高級ホテルまで多様な選択肢

「安く予約する」ことを考えると、原則として海外のホテル予約サイト一択なわけですが、その中でもAgodaのおすすめポイントは何よりも「現金による最低価格保証」を謳っている点。

他のオンライン予約サイトでも同様のプロモーションを行っていますが、よく見ると「同価格までの対応」であったり、「クーポンでの返金対応」だったりするのですが、Agodaは「同価格またはそれを下回る価格」をコミットしています。

実際の対応には申請が別途必要であるものの、個人的な感覚でも、Agodaはそもそもの掲載価格が全体的に他社より安いように思います。

また外資系にも関わらず、日本語対応サポートセンターがある点も心強い選択ポイントです。

なお、各サイトのホテルの宿泊価格は日々変化しています。最安価格というのは飽くまで「傾向として安い」くらいに受け止めておくことをおすすめします。

Agoda(アゴダ)経由でホテルを予約する

最も多い選択肢から幅広く探したいなら世界最大のBooking.com

世界最大のホテル掲載数を誇るのがBooking.com(ブッキングドットコム)

もはやBooking.comに掲載されていないホテルはないでしょうし、ホステルから民泊から宿泊施設なら何でもござれという状態。

  • 世界最大のオンラインホテル予約サイト
  • ゲストハウスやバケーションレンタル(貸別荘)まで選択の幅がすごい
  • 上級会員ジーニアスになると特典や割引がすごい
  • ただしポイントプログラムはない
  • 最低価格保証

実はBooking.comはAgodaの親会社。

親子関係にあるものの、別会社であるため、運営も異なり、価格も同じではありません。そのため、アジアを中心に豊富なホテルを用意しているAgodaと併せて利用すれば個人的には十分かなと思います。

Booking.comの他の特徴としては、上級会員プログラム「ジーニアス」。

他社のようなポイントプログラムはない代わりに、10%の割引価格の提供やチェックイン/チェックアウト時間の拡大といった特典を受けることができます。

会員資格条件については公開されていないですが、短期間で5泊以上の宿泊をすることで会員昇格の通知が来ると通説が有力です。


Booking.com(ブッキング・ドット・コム)経由でホテルを予約する

会社経費でホテルを予約。私的に得をしたいならHotels.com

ビジネスマンにとって重要なことは2点、「会社規定経費内に収まっているか」「個人的なメリットが発生するか」です。

会社経費より安いかどうかはホテルと季節により異なりますが、「個人的なメリット」は予約サイトに依存します。

この中でおすすめしたいのが「Hotel.com(ホテルズドットコム)」

テレビCMでもおなじみのHotels.comですが、このサイトの最大の特徴は「10泊利用すると1泊分無料になる」というHotels.com Rewardsと呼ばれる会員プログラム。

これにより、会社の出張で利用するホテル予約は経費で支払い、10泊後に無料になった会員特典「無料宿泊」はプライベートの旅行で利用するということができます。

しかも、無料特典で宿泊するホテルは、会社経費で利用したホテルである必要はなく、国内出張の特典を利用して、プライベートの海外旅行を楽しむことができるのです。

これだけの特典があっても、他のホテル予約サイトに比べても遜色ない価格設定となっており、幅広いシーンで利用できるスグレモノです。

Hotels.com(ホテルズ・ドット・コム)経由でホテルを予約する

ホテルの料金はどのように決まっているのか。本当の最安価格を探すのはとてもむずかしい。

さて、ここまでシーン別のおすすめホテル予約サイトをご紹介してきました。

しかし、皆さんの中には「ここのホテル予約サイトがおすすめ!」とはっきり言って欲しいという方もいらっしゃると思います。

ただ、残念ながらそれは誰にも不可能なのです。この理由を興味のある方のために少しご説明したいと思います。主な理由は以下の2つです。

ホテルは予約サイトによって価格を使い分けている

実はホテルは1つの部屋に4,5から10以上の価格設定を持っています。

土日は12,000円、平日は10,000円という簡易なものから、近くでイベントがあり予約が混雑する場合は土日でも14,000円、平日で前日まで予約が少ない時には7,000円にするといったいわゆるダイナミックプライスと呼ばれるものです。

ビジネスホテルであれば、夜は雨の予報だから需要が増えるだろうと値段を上げることも珍しくありません。

さらにホテルはこの多様な値段設定を予約サイトによって使い分けています。このサイトはこのくらいの値段でもまだ売れる、在庫が少なくなってきたから値上げしようなど、です。

また予約サイトによって手数料率も異なることから、同じ部屋であっても値段は日々刻々と変わり続けています。

ここまでくると、もはやどのサイトで購入するのが最も安いのか分からないというのが現状です。

そのため「安い傾向にある」「比較的値段にコミットしている」サイトを利用することが消費者としては手段がないのが現状です。とはいえ、経験上、ここまででご紹介した以下のサイトはかなり優秀な予約サイトですので、ご安心して使っていただけると思います。

価格はキャンペーンにより大きく変動する

予約サイトによっては大幅な割引キャンペーンを行っています。

実はこの割引は予約サイトが主導して行われているため、キャンペーン企画中はその予約サイトを利用することが望ましいです。

しかし、このキャンペーンも同じで、いつ行われているかすべてのサイトを毎回調べるしかなく、結局このような無駄な作業を繰り返すよりは、数百円異なっていてもいきつけのホテル予約サイトを利用したほうがメリットは大きいかなと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました