ネグロ川下流域抽出保護区(Reserva Extrativista Baixo Rio Branco-Jauaperi)

アマゾン地域
この記事は約1分で読めます。

この新たに採掘されたばかりの採掘保護区は、アマゾンの最高の環境に浸るには最高の場所であり、野生動物のウォッチングにも最適です-アマゾンの原始的な状態を見に来たのであれば、この場所はリストの上位に入れるべきです。この保護区はリオ・ネグロから北に伸びており、ノボ・エアラン(Novo Airão)から最も簡単に行くことができます。

ここの森は手つかずの森で、鳥や動物がたくさん生息しています。サルには、ホエ、カプチーノ、リス、サキ、マーモセット、タマリンなどがよく見られます。コンゴウインコやオオハシも、鳥類のスターキャストをリードしています。

長く困難な戦いの末、2018年6月5日、この地域は「抽出保護区」(reserva extratavistaまたはRESEX)としての地位を与えられました。抽出保護区は、チコ・メンデスが最初に考案したもので、地元の人々が保護区内で生活し、自給自足のために必要なもの(木材、ゴム、魚)を採取することを認めていますが、商業目的では利用できないという制約をもったエリアです。ここには500人以上の人々が住んでおり、アマゾンで最も手つかずの自然が残っている場所のひとつです。

ここでのツアーのほとんどは、ノボ・エアランに拠点を置く優れたVisit Amazoniaによって行われています。最低滞在期間は1週間が推奨されています。

ご質問はこちら Comment/Question

タイトルとURLをコピーしました