マラカナン・スタジアム(Maracanã Football Stadium)

リオデジャネイロ
この記事は約2分で読めます。

リオのマラカナンスタジアムは、サッカー愛好家の間で神聖な地面です。この巨大なアリーナは、伝説的な勝利と敗北の舞台となっている。2014年のワールドカップでは、ドイツとアルゼンチンの決勝戦を含む主要な試合が開催され、マラカナンスは主役級の役割を果たしました。また、2016年夏季オリンピックの開会式と閉会式もこのスタジアムで行われました。78,800人収容のアリーナは、誰が試合に出場するかに関わらず、試合の日には壮観な光景を見せてくれます。

疑似心理学的な体験をしたいなら、ここでサッカーの試合を観戦してみてはいかがでしょうか。特にチャンピオンシップの試合や、地元のライバルであるフラメンゴ、バスコ・ダ・ガマ、フルミネンセ、ボタフォゴの試合では、世界で最もエキサイティングな試合の一つとして評価されています。

試合は年間を通じて行われ、一般的には土曜日か日曜日(午後4時または6時から)、または水曜日と木曜日(午後8時30分頃)に行われます。スタジアムの座席はAからFまでのセクター別に分かれています。北側(EとF)と南側(CとB)の座席はゴール裏にあり、一般的に最も安くて活気のあるセクションです。東(D)と西(A)のセクターは見晴らしが良く、料金も高めですが、これらのセクターには整理番号がついており、ゴール裏ほど騒がしくはありません。マラカナンス・メイズは西のセクターの一部で、チケットにはビュッフェサービスが含まれています。チケットの値段は、ほとんどの試合でR$40~R$80です。

グループでの旅行を希望する場合は、英語を話す多くのツアーオペレーターが、往復の交通手段を含めたゲームデーツアーを企画しています。大規模なグループツアーの代表格は、「Brazil Expedition」と「Be A Local」です。より個人的な内容にしたい場合は、独立したガイドのセルジオ・マンハンスが試合日に小グループを連れて行きます(通常は地下鉄を利用)。

ツアーは毎日開催中。

ご質問はこちら Comment/Question

タイトルとURLをコピーしました