リオデジャネイロ近代美術館(Museu de Arte Moderna:通称MAM)

リオデジャネイロ
この記事は約1分で読めます。

フラメンゴ公園(Parque do Flamengo)の北端にある近代美術館(Museu de Arte Moderna)は、アフォンソ・エドゥアルド・レイディ(Affonso Eduardo Reidy)が設計した印象的なポストモダンな建物ですぐにわかります。ブッレ・マルクスの造園も同様に印象的です。内部のデザインは少し古い感じがしますが、ブルーノ・ジョルジ、ディ・カヴァルカンティ、マリア・マルティンスの作品を含むブラジル人アーティストの素晴らしいコレクションを見るために訪れる価値はあります。

学芸員たちによって選ばれた優れた写真やデザインの作品を展示し、映画館では年間を通して定期的に映画祭を開催しています。1978年の火災でコレクションの90%が焼失した後、MAMは長い時間をかけてようやく立ち直り、現在では11,000点の常設作品を収蔵しています。

ご質問はこちら Comment/Question

タイトルとURLをコピーしました