カリオカ水道橋(Arcos da Lapa/Carioca Aqueduct)

リオデジャネイロ
この記事は約1分で読めます。

アルコス・ダ・ラパ(Arcos da Lapa)は、ブラジルのリオデジャネイロ市の中央部に位置するラパ地区にあります。植民地時代にブラジルで行われた最大の建築工事と考えられ、それは今日、ラパのボヘミアン地域に保存された古代リオデジャネイロの最も代表的なシンボルの一つです。

多くの写真が撮られているこのアーチは18世紀半ばにさかのぼり、カリオカ川からリオのダウンタウンに水を運ぶための水道橋として機能していました。古代ローマを彷彿とさせるスタイルで、42のアーチは高さ64mにも及びます。今日では、このアーチは、セントロとサンタ・テレサを結ぶボンデ・ケーブルカーを運んでいます。Av Mem de Sáの近くに位置しています。

ご質問はこちら Comment/Question

タイトルとURLをコピーしました