リオだけじゃない。ブラジル全国各地のカーニバルを一挙紹介!

リオデジャネイロ
この記事は約4分で読めます。

カーニバルと聞けば、世界のほとんどの人がリオデジャネイロを思い浮かべるかもしれません。

私自身も初めてのカーニバルはリオデジャネイロのサンボドロモで楽しみ、あの歓喜は間違いなく世界有数の祭りであることを感じさせます。

一方で、カーニバルはキリスト教の復活祭とも深いつながりのある宗教イベントであり、リオに限らずブラジル全土で行われています。さらに地域ごとに異なる人種や文化がカーニバル文化にも多大な影響を与えており、「ブラジルのカーニバル」と一言ではくくれないほどです。

今回は、ブラジルの主要なカーニバルの全体像をさくっと解説していきます。

  

リオデジャネイロ

世界最大級のパーティー、カーナバル(Carnaval)は、そのカラフルで快楽主義的な大騒ぎで、事実上リオの代名詞となっています。復活祭の40日前の土曜日から灰の水曜日までの5日間にわたって開催され、リオの住民は数ヶ月前からパーティーを始めます。何千人もの太鼓を叩いたり、踊り子を振り回したりする精巧な山車を背景にしたパレードはお祭りのクライマックスですが、カリオカスは街中で行われるワイルドなストリートパーティーが本当のアクションだと公言しています。

観光客の方はぜひこの騒乱に参加してみてはいかがでしょうか。街のあちこちで無料のライブコンサートが開催されていますが、少し退廃的な気分を味わいたい方は、街中の様々な舞踏会に足を運んでみてはいかがでしょうか。何をするにしても、眠れない夜、たくさんのカイピリーニャ(ブラジルの国民的カクテル:ライムを砕いて砂糖と氷を入れたカシャーサ)、サンバ、そして陽気な群衆を前にして準備をしましょう。

サルバドール

サルバドールのカーニバルは、2月下旬から3月上旬にかけて通りで行われ、音楽と自発性が支配し、トリオ・エレトリコス(スピーカーを積んだトラックの上で演奏する電気増幅バンド)が200万人の観光客を熱狂させます。丸一週間、彼らは踊り、飲み、キスをして、次の日には立ち上がって、再び始めるまで、彼らがドロップするまで。毎年、市はカーナバルのテーマを決め、それに沿って街を飾り付けます。

ベレン

アマゾン川最大の祭りであるチリオ・デ・ナザレは、奇跡を起こしたと信じられているナザレの聖母像を中心とした祭りです。1793年以来、ブラジルの人々は聖母に敬意を表し、何百艘ものボートでこの像をベレンからイコアラチまで運び、往復しています。10月の第2週には、何百万人もの人々が、聖歌や鐘の音、花火の音とともに、カテドラル・ダ・セからバジリカへの聖母像の行進に合わせて通りを埋め尽くします。

サンルイス・マラニャン

ブンバ・メウ・ボイ(Bumba Meu Boi)は、植民地時代に混ざり合ったアフリカ、先住民、ポルトガルの影響を受けたワイルドな民俗的な祭りです。7月下旬から8月中旬にかけて開催されるこのイベントは、牛の死と復活の物語を中心に展開されます。牛や神話上の生き物に扮した大道芸人たちが、歌、ダンス、演劇、カポエイラ(アフロ・ブラジルの格闘技)などを通じて物語を語ります。

オリンダ

2月か3月初旬に開催されるオリンダのカーナバルでは、11日間の夜通しで誰もが衣装を身にまといます。舞踏会、サンバの夜、アフロブラジルのリズム、ストリートスタイルの陽気さがお祭り(パーティー)の特徴です。それ以外のことはすべて、路上で即興的に行われます。公式のオープニングは、400人の「バージン」(ドラッグを着た男たち)のパレードで始まり、最も美しく、最も危険な、最も大淫乱な男たちに贈られる賞が授与されます。

レシフェ

レシフェのお祭りで演奏されるマラカトゥ(アフロ・ブラジルのゆっくりとした重い太鼓のビート)のリズムは、壁の花のためのものではありません。復活祭の40日前に開催される参加型のイベントで、人々は座って見ているだけではなく、参加します。カーナヴァルまでの数ヶ月間は、パーティーや公開リハーサルで埋め尽くされ、特にその前の週に行われるものは、実際のイベントと同じくらい楽しいものです。

ポルトセグロ

ポルト・セグロ(Porto Seguro)は、印象的なカーナバルと快楽主義の大騒ぎを繰り広げ、通りではたくさんのダンス、四六時中音楽が流れ、自由奔放なパーティーが行われます。ブラジルで最も有名なものに比べると少しワイルドさは劣りますが、灰の水曜日の後の土曜日まで続きます。

パラティ

パラティでは、独自のカーナヴァル(Carnaval)をはじめとしたお祭りが盛んです。ブロコ・ダ・ラマ(Bloco da Lama)のストリート・パーティーでは、何千人もの若者が頭からつま先まで泥まみれになり、石畳の道を踊ります。6月のコーパスクリスティでは、おがくず、葉っぱ、花、コーヒーかす、チョークなどの色で覆われます。最近では、写真、文学、ガストロノミー、シーフードなどのフェスティバルが開催されています。

ナタール

カルナタール(Carnatal)は、タイプミスではなく、カルナバル(Carnaval)とナタール(Natal)を掛け合わせたもので、クリスマスパーティーを意味しています。この国で最もワイルドな季節外れのカーニバルで、12月の初めの数週間に開催されますが、本場のカーニバルに参加できない人には絶好の代用品です。

ご質問はこちら Comment/Question

タイトルとURLをコピーしました