日本から海外発送してもらえるAmazonグローバルの利用方法と抑えておくポイント | Brasil Tips(ブラジルチップス)

日本から海外発送してもらえるAmazonグローバルの利用方法と抑えておくポイント

シェアする

海外で生活をしている人々が日本から食料品や生活雑貨を大量に送るというのは決して珍しいことではありません。

調味料を中心に日本食の味付けが恋しくなるのは必然で、一時帰国の度に買い込んでいる方も多いと思います。また生活雑貨の類も日本国内で購入した方が安く、質の良いものが入手できることの方が多いものです。

僕も実家に頼んで色々なものを送ってもらいましたが、何度も頼みづらい時やちょっとしたグッズが欲しい時に気軽に自己完結できる方法は無いものかと探していたところ、日本のAmazonから海外に簡単に送れることがわかりました。

ただ、まだサービスは発展途上のようで注意すべきことも少なくなく(正直使いづらい)、しかも説明が複雑。なかなかうまくまとまったページが無かったため、自身への注意喚起も含めてまとめてみました。

Sponsored

Amazon(日本国内)の海外発送の特徴

詳しい料金体系などは後述しますが、Amazonの海外発送サービスは「単なる代行」ではなく、わざわざ利用する価値のあるサービスだと思っています。

個人的に気に入っている点は以下の3点です。

①良:自分ひとりで完結できる

これまで家族や友人に買い物を代行してもらって、発送手続きをしてもらっていたという方も多いと思いますが、Amazonのグローバル配送はオンラインで全て完結します(当たり前)。

特別な手続きもなく、日本でAmazonの買い物をするのと同じように購入手続きを進めるだけです。いつでも、好きな時に欲しいものを送ってもらえるというのは非常に有り難いところです。

思ったよりも早く使い切ってしまった調味料や日本で購入した方が安い生活雑貨を好きなタイミングでポチって、自宅に届けてもらえるというのは地味に便利です。

②良:料金に比べて配送日数がかなり短い

国にもよりますが、Amazonグローバル配送を利用した場合、数日(3日~6日)で居住国まで届きます。

もちろん居住国に到着後から地元までの配送日数がかかるものの、多くの方が利用しているSAL便に比べると格段に早く到着します。

一方で、Amazonが一括して配送しているからか送料はかなりリーズナブルです。

ブラジルへAmazonが直接販売する商品を発送した場合の料金は以下の通り。

▼中南米主要国への配送料金(例)

商品カテゴリー 配送1件ごとに
かかる料金
商品1点ごとに
かかる手数料
書籍、VHS ビデオ ¥1,100 ¥450
CD、DVD、Blu-ray、カセットテープ、レコード ¥1,100 ¥400
PCソフト ¥1,100 ¥450
時計、ジュエリー ¥1,100 ¥700
上記以外 ¥1,100 ¥1,400/kg(※)

非生鮮食料品などを中心に1kg詰め込んだとしても基本料金1,100円と重量にかかる料金1,400円の計2,500円です。

1週間の配送時間で、ブラジルまでこの金額で運送してもらえるのはコスパが良いと思います。

③良:関税リスクを確定できる 悪:けど、高い

ブラジル以外の国でも(特に途上国)において皆さん頭を悩ますのが「関税」です。

事業用でない食料品やら家電品であっても、見つかると最後、多額の関税をかけられることがあります。しかも評価額を勝手に書き換えられてしまうということも実際にあるようで、関税は大きなリスクとして受け取られています。

この点、Amazonグローバルで配送を行った場合、最初にAmazon側で関税費用も自動で計算してくれます。

機械的な計算であるせいか、たいていの場合、かなり多めに金額が見積もられているため「えっ」となるような税金が算出されることもありますが、「関税の最大額が事前に分かる」というのは一つのメリットとして考えることができます。

なお、実際の課税額が初期の概算よりも小さい場合には返金してもらえますので、損するようなことはありません。

④悪:食料品は対応してない。利用機会が限定されるかも。

これは非常に残念なポイントです。自身で確認したところ食料品でAmazonグローバル対応のものはほとんどありませんでした。

カップ麺やカレールー、ふりかけのように賞味期限の心配がほとんどない食料品でも海外発送には対応していません。

そのため利用機会はまだ少ないというのが現状です。それでも、文房具やキッチン雑貨など使い所が全くないわけでもないので、こうしたサービスがあるということを覚えておいても損はありません。

以下のリンクのように「Amazon Global 対象」で検索すれば対応商品が一覧できますので、便利です。

Amazon 検索結果「amazon global対象」

⑤悪:物量が必要な商品が多い

実際に何度か注文しようとして困ったのがこちらの「一定量に達しないと配送しない」ことがある点です。

一つだけで良いんだけど、”3つ以上”が配送条件になっていたりするのです。食料品であれば良いんですが、生活雑貨を必要以上に購入しても無駄にしかなりません。

現地の友人・知人でまとめて購入したりする必要がある商品も一部にあることは注意が必要です。

海外発送に対応した商品の探し方

自分が必要としている商品でAmazonグローバルに対応しているものを検索するのは非常に簡単です。

普段どおりに商品名などで検索を行い、左側サイドバーに表示されている「AmazonGlobal対象」にチェックを入れるだけです。

※上記のチェックボタンが表示されない場合は当該検索文言で海外配送に対応した商品はないことを意味します。

地域別の配送対応国・料金・配送日数

Amazonのグローバル配送はほぼ全ての国に対応しています。現在対応してる国と配送にかかる日数を一覧にまとめました。

なお、各エリアではさらに国のグループごとに微妙に配送料金の体系が異なることから、当該グループごとに整理しております。

▼料金体系については以下のリンクをご覧ください。

Amazon 海外への配送料

エリア 対応国

配送日数

アジア・
太平洋地域

①大韓民国、台湾、中国、香港、シンガポール

②オーストラリア

③ニュージーランド、マレーシア、タイ、フィリピン、インド、インドネシア

④カンボジア、 キリバス、クック諸島、スリランカ、ソロモン諸島、ツバル、トンガ、 ニューカレドニア、ネパール、 バヌアツ、パプアニューギニア、 バングラデシュ、フィジー、 ブータン、 フランス領ポリネシア、ブルネイ・ダルサラーム、ベトナム、モルディブ、モンゴル、ラオス人民民主共和国

⑤マカオ

2日~3日

北アメリカ

アメリカ合衆国、アメリカ領ヴァージン諸島、カナダ、グアム、パラオ、プエルトリコ

3日~4日

中央・南
アメリカ

ウルグアイ、コスタリカ、コロンビア、チリ、パナマ、ブラジル、ベネズエラ・ボリバル共和国、ペルー、メキシコ

3日~6日
ヨーロッパ

①アイルランド、イギリス、イタリア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スウェーデン、スペイン、デンマーク、ドイツ、フィンランド、フランス、ベルギー、ポルトガル、モナコ、 リヒテンシュタイン、ルクセンブルク

②エストニア、キプロス、スイス、スロバキア、スロベニア、チェコ、トルコ、ノルウェー、ハンガリー、ブルガリア、ポーランド、マルタ、ラトビア、リトアニア、ルーマニア

③アイスランド、アルバニア、アンドラ、ウクライナ、グリーンランド、グルジア、クロアチア、サンマリノ、ジブラルタル、セルビア、バチカン市国、フェロー諸島、ベラルーシ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニア旧ユーゴスラビア共和国

3日~5日
アフリカ
その他

①南アフリカ

②アゼルバイジャン、アルジェリア、アルバ、アンギラ、アンゴラ、イギリス領ヴァージン諸島、ウォリス・フツナ、ウガンダ、エチオピア、ガーナ、カーボベルデ、ガボン、カメルーン、ガンビア、ギニア、ギニアビサウ、キュラソー、クリスマス島、ケニア、ココス(キーリング)諸島、コモロ、サントメ・プリンシペ、ザンビア、シエラレオネ、ジブチ、シント・マールテン(オランダ領)、ジンバブエ、スワジランド、セーシェル、赤道ギニア、セネガル、タンザニア、チャド、中央アフリカ共和国、チュニジア、トーゴ、トルクメニスタン、ナイジェリア、ナウル、ナミビア、ニウエ、ニジェール、ノーフォーク島、バミューダ、東ティモール、フォークランド(マルビナス)諸島、ブルキナファソ、 ブルンジ、ベナン、ボツワナ、ボネール、シント・ユースタティウスおよびサバ、 マダガスカル、マヨット、マラウイ、マリ、マルティニーク、ミャンマー、モーリシャス、モーリタニア、モザンビーク、モルドバ共和国、モロッコ、モンテネグロ、ルワンダ、レソト、レユニオン

3日~6日
中東

①アラブ首長国連邦、 イスラエル、エジプト、オマーン、 カタール、 クウェート、 サウジアラビア、バーレーン、 ヨルダン

②アルメニア、ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、パキスタン

3日~5日
Sponsored
 
関連記事

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします