シェアする

ブラジル国民が愛するカシャッサが美味しくなる5つの豆知識

cachacas

ブラジルに旅行に来たことがある人なら必ず味わったことがあるであろうカシャッサ。

特にカシャッサをライム、砂糖と一緒にしてつくったカクテル「カイピリーニャ」はハマる人が多いことでしょう。真夏日にビーチで楽しむカイピリーニャは格別です。

一方で、カシャッサはブラジルの度数の高いお酒というくらいのイメージしかなく、カシャッサがどんなお酒かは意外と知られていないように思います。

日本でも楽しめるカシャッサ。その背景に想いを寄せながら飲むとまた一味違った味わいがあるかもしれません。

友人や各メディアで見かけたカシャッサに関する小ネタを集めてみました。

Sponsored

ブラジル国民ご愛飲のカシャッサとは

カシャッサを飲んだことのある方でも、カシャッサがどのようなお酒かご存知ない方もいらっしゃるでしょう。

カシャッサはサトウキビを原料とした蒸留酒です。いわゆるスピリッツの部類です。同じくサトウキビを原料とした蒸留酒にラム酒がありますが、以下の点で違いがあるとされています。

  1. ブラジルと西インド諸島の気候や気温などにより、本来持っている酵素や細菌が異なる。
  2. 異なった文化圏(ポルトガル語対スペイン語という言葉や生活習慣など)での製造の手順や手法が異なる。
  3. ブラジル以外で製造されるスピリッツの多くは、200リットルのアメリカやヨーロッパの広葉樹(オーク)の樽に長く置かれるが、ブラジル原産のカシャッサは、それらよりも大きい1万リットル程度の樽を使う。また樽はアマゾンの森林樹や大西洋沿岸の森林樹を使う。(Wikipedia

度数は38度から50数度とかなり強く、ストレートで飲む時はちびちびと飲むのが一般的で、カクテルにして飲むとついつい飲みすぎて二日酔いになるというのが定番です。

ブラジルに来ると「カシャッサは飲んだか」、「カイピリーニャは飲んだか」と聞かれないことはないくらいにブラジル人が愛しているお酒なわけですが、その想いを支えるエピソード、その想いを知ることのできるお話をご紹介しましょう。

カシャッサがより美味しくなる5つ豆知識

実は消費量世界第2位を誇る蒸留酒。ブラジル国内ならどこでも

日本ではあまり知られていないカシャッサですが、蒸留酒としては世界第2位の消費量を誇るそうです。

ヨーロッパ各国にも輸出されていることも一因ですが、やはり2億人を超えるブラジル国民の消費も無視することは出来ません。

ブラジルのバーやレストランに行けばキャシャッサを置いていないところはなく、カシャッサで作ったカクテルは様々な種類が用意されています。またスーパーでもカシャッサのコーナーに行けば廉価なものから高級なカシャッサまで揃えられていることは珍しくありません。

僕の友人はパートナーと一緒になったお祝いに10数万円のカシャッサをプレゼントされるなど、贈答品としても活躍しています。

このような背景の下、2013年の統計によれば、ブラジル国民1人あたり11.5リットルのカシャッサが消費されたとのことです。

飲み方はカイピリーニャだけじゃない。カクテルに最適なカシャッサ

レストランに行けばカシャッサをベースにしたカクテルが様々用意されています。

代表的なカイピリーニャはもちろんこと、南国ならではのフルーツとミックスしたカクテルが多く揃えられています。

海外のサイトではカシャッサベースのカクテルのメニューが数多く紹介されており、自宅でも楽しむことができます。

Discover the refreshing, Brazilian-based cachaça spirit with 10 tasty cocktails you can make at home.

有名なカイピリーニャは元々は”風邪薬”だった

カシャッサを使った代表的なカクテルであるカイピリーニャ。実は元々は風邪薬として利用されていたとブラジル人の友人に聞き驚きました。

20世紀初頭に猛威を奮ったスペイン風邪を治癒する薬として、元々はカシャッサとレモン、にんにく、蜂蜜を混ぜたものを飲んでいたそうです。ここらへんは日本でいうところの生姜湯に近いかもしれません。

度数の高いアルコールを入れることで体を温めるという効果を期待していたかは不明ですが、この風邪薬からにんにくや蜂蜜が無くなり、代わりに砂糖が入り、熱いブラジルでも飲めるようにと氷が入れられたとされているようです。

小さな酒造がつくるカシャッサがめちゃくちゃ美味しい

ブラジルには小規模な醸造所が数多くあり、その数40,000とも言われています。そしてこの小さな醸造所が丁寧につくるカシャッサが大人気なのです。

中でもカシャッサ製造に適した気候を持つというミナスジェライス州。カシャッサの生産量は大規模な工場があるサンパウロ州が最大ではあるものの、ミナスジェライス州には古くからの職人芸による手作りのカシャッサ醸造所が多くあり、手作りのカシャッサ生産量ではミナスジェライス州が最大なのです。

ベロオリゾンテやオーロ・プレットなどを訪れた際には是非蒸溜所見学ツアーなどに参加されることをオススメします。

カシャッサ指数という経済指標がある

カシャッサは国民の感情を表す、そんな経済レポートがあります。

ブラジル世論調査・統計機関の下部組織が今年8月に発表したレポートによれば、全国消費者期待指数と呼ばれる一般諸費者の経済見通しの指数とカシャッサの販売量を比較したところ、期待指数が低い時ほどカシャッサの販売量が伸びるという傾向がありました。

当機関ではこれをカシャッサ指数と呼んでいます。

カシャッサは他のアルコール飲料に比べて価格が安く、社会に対する鬱憤を発散するにはお手頃な酒なのかもしれません。しかし、現実逃避のために度数の高いアルコールに走るというのはブラジル人らしい傾向と言えそうです。

参考 サンパウロ新聞

アマゾンでも購入できる。自宅で楽しもう

このブラジルのお酒ですが、実は日本でも簡単に購入することができます。

個人的な経験で言えば、ビックロ(ビックカメラとユニクロの複合店舗)新宿店の酒コーナーに3~4種類のカシャッサが販売されていた他、酒のカクヤスで取り寄せをすることができました。

またネット通販大手Amazonでも一般的なカシャッサの購入が可能です。安いものであれば1,500円ほどで購入が可能です。

カクテルであればこの51でも行けますが、オススメはイピオカの方です。アルコールの風味が柔らかく飲みやすいです。

またバーなどではカイピリーニャを提供している店舗は多くあります。もし可能であればストレートで飲めるようなちょっと高級なカシャッサを試してみると良いかもしれません。

Sponsored

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします