ブラジル人と仲良くなれる庶民派ビール銘柄5選とブラジル流の楽しみ方 | Brasil Tips(ブラジルチップス)

ブラジル人と仲良くなれる庶民派ビール銘柄5選とブラジル流の楽しみ方

シェアする

ブラジル人はとにかくお酒が好きでして、ブラジルの国民酒カシャッサはもちろんのこと、ビールをもう水のようにガブガブ飲みます。

2014年のキリンによる調査によれば、ブラジルのビール消費量は世界3位。その数字通り街中にはビールがあふれています。

日本では「昼から飲むビールはうまい!」なんて言いますが、こちらの人々は昼から深夜までずっと飲むのが当たり前。ビールは血液同然の存在であり、ブラジル人と飲む時にブラジルのビールに興味を持ってあげると喜々として話が盛り上がります。しかも人それぞれ好みが違ったりして、ブラジル人同士でも議論が深まるので、酒のツマミにはオススメのネタです。

是非皆さんもブラジルで色々なビールを試しつつ、ブラジル人との酒の話で盛り上がりましょう。

Sponsored

ブラジルで知っておくと便利な代表的な5つのビール

とりあえずレストランに入って一杯目ビールはブラジルも同じ。

まずは一通り試しておくとその後のブラジル旅がさらに深まること間違い無しです。以下はサンパウロでブラジル人と飲んでいる時に頻繁に出てくるビール銘柄です。おそらく地域性もいくらかあると思いますが、ブラジル人なら絶対に知っているブランドです。

1.Skol(スコール)

skol

ド定番でして、どこでも売っています。値段も安く缶1ダースで30レアル(約960円)しません。

暑いブラジルではスカッとした飲みくちがウケルようで、どのビールもライトです。そしてSkolはその代表格。

リオオリンピックの会場で公式販売されていたビールもこのSkolでして、暑い日に飲むと本当に喉越しが最高に気持ち良いです。

ただし、かなりライトなので、炭酸水みたいなビールともいえなくないです。ブラジル人によってはあれはビールじゃないみたいな言い方もされる安価なビールです。

2.Brahma(ブラハマ)

brahma

こちらも安価ビールの代表格。

個人的には若干ビールのあの苦味が感じられるかなと思います。街中に広告があって、どのレストランでもほぼ取り扱っている一方で、ブラジル人と一緒に飲む時に見たことがありません。

スーパーではよく山積みされています。値段もSkolとどっこいどっこいですね。

ちなみにこのBrahma含めて、Skol、Original、Serra malteまですべて同じビールメーカー”AnBev”のブランドです。ラテンアメリカ最大のビールメーカーでして、ブラジルに拠点を構えるブラジル企業です。

3.Original(オリジナル)

original

さて、Originalは上記に比べると少しだけ値段があがります。

バーでSkolのビンが8レアルとすればOriginalが11レアル12レアルといった感じです。

中流階級に人気のイメージでして、とりあえず無難なビールを飲もうという時に選ぶと外しません。個人的には一番好きなビールです。

4.Serra Malte(セハマウチ)

serramalte

Originalを飲んでいる時についでに「セハマウチって飲んだこと無いんだよね。Originalに味が近いと聞いたんだけど」とブラジル人に言ってみましょう。

たぶん喜びます。お前ブラジルのビール知ってるなぁ!みたいな。

個人的にはブラジルのお酒の味は総じて同じに感じてしまうのですが、とりあえずシッタカしておいて損はないでしょう。

5.Stella Artois(ステラ)

stella

こちらはベルギービールですが、ブラジルでは結構人気があるように思います。

バーで飲むというよりは宅飲みで持っていくことが多いような気がします。値段も手頃でブラジルでは一般的です。ステラはラガービールでして、しっかりとした味わいが恋しくなったらスーパーで購入しましょう。

ちなみにシェアハウスで一緒になった本物のベルギー人によると、ベルギー国内ではステラは最低クオリティのビールらしいです。でも美味しいです。

実はクラフトビールも大人気。ブラジル人にオススメを聞いてみよう

おまけですが、ブラジルでもクラフトビールは大人気で、上記にあげたような大衆ビールを避けて、クラフトビールを好んで飲む層も少なからずいます。

学生でも好きなクラフトビールの銘柄があったりして、好きなクラフトビールは何かい?と聞くと熱く語ってくれます。僕はあまり詳しくないので、以下のサイトから代表的なクラフトビールを転載します。

参照 The 30 Best Craft Beers Available In Brazil(Forbes)

1. Duchesse de Bourgogne (Belgium)

2. Morada Hop Arabica (Brazil)

3. Colorado Ithaca (Brazil)

4. North Coast Old Rasputin Russian Imperial Stout (United States) –

5. Morada Double Vienna (Brazil)

6. Tripel Karmeliet – (Belgium)

7. Tupiniquim Omnipollo Polimango (Brazil)

8. Chimay Bleue (Belgium) –

9. Bodebrown Cacau IPA (Brazil)

10. Ballast Point Sculpin IPA (United States)

11. Brewdog Punk IPA (United Kingdom)

12. Schornstein IPA (Brazi)

13. Bierland Vienna (Brazil)

14. Eisenbahn 5 (Brazil)

15. Orval (Belgium)

16. Cafuza Imperial India Black Ale (Brazil)

17. Wals Dubbel (Brazil)

18. Seasons Green Cow IPA (Brazil)

19. Jupiter American Pale Ale (Brazil)

20. Eisenbahn Lust (Brazil)

21. Dum Petroleum (Brazil)

22. Mula IPA (Brazil)

23. Wals Session Citra (Brazil)

24. BodeBrown Perigosa

25. Duvel (Beligum)

26. Bamberg Franconian Rhapsody (Brazil)

27. Delirium Tremens (Belgium)

28. Burgman Casanova (Brazil)

29. Landel Session IPA (Brazil)

30. Tally-Ho (United Kingdom)

ブラジル人と飲む時に盛り上がる3つのビールネタ

ブラジル人とビールと飲む時にはいくつかのポイントがあります。

ブラジルならではの面白い点については必ず突っ込んであげましょう。盛り上がること請け合いです。さらにブラジル人に日本式のビールの飲み方を教えてあげるとこれまた盛り上がります。以下は初めて飲むブラジル人と距離を近づける僕の鉄板ネタです。

ビールを冷凍庫に入れて冷やすブラジル人

ブラジル人の冷やし方は異常です。これでもかというくらいにキンキンに冷やしたがるのがブラジル人のビール。

若干中で凍っているじゃんというレベルで飲むビール。これが意外と美味しいんです。乾燥した暑さの中だからだとおもいますが。日本でもマイナス◯度ビールみたいなの流行ってましたが、それを冷凍庫でつくるのがブラジル流です。

ブラジル人って冷凍庫で冷やすよねぇというのを話のネタにすればとりあえず5分はもちます。

ちなみに自宅で同じことをした僕はビールをほぼ冷凍させてしまい、蓋を開けたら中身がにょきにょき飛び出てきて、とても飲み物としては機能しない経験をしました。気をつけて下さい。

乾杯の掛け声”チンチン”には必ず突っ込もう

ブラジルに限らないのですが、ラテン語圏の人々は乾杯を”チンチン”といいます。というか、言うらしいです。というのも、いつも楽しみにしているのですが、誰もチンチンと言いません。

たいていの場合がサウージとかチアーズ(英語圏と同じ)だったりします。

そのためいつも「あれ、乾杯ってチンチンじゃないの?」と聞きます。一応間違ってはいないので、「そうだね、チンチンっていうよ」という返答があるので、とりあえずその意味を教えてあげましょう。年代によっても異なりますが、爆笑です。

ブラジルの場合、女性に対してもシモネタを言ってもあまり失礼にならず(ビジネスは別)、女性が結構爆笑してたりします。

日本式のビールの注ぎ方・打ち方は結構ウケル

日本式のビールに関するルールも結構ギャグになります。

代表的なものとしては以下のようなもの。ブラジル人ではありませんが、ブラジル10年目のイギリス人が喜んで、僕と出会ってから3年経った今でも上から乾杯してきます。

  • ビールを注ぐ時は両手
  • ラベルが見えるようにして注ぐ
  • 年下や地位の低い人間がは下からグラスを打つ
  • 片手を下に添えて打つ

そもそも誰かに酒をつがないことも珍しくなく、それぞれが好きなペースで適当に飲んでいるブラジル人からすると愉快な慣習のようです。少しハイクラスの人は日本の礼儀正しさを象徴するものとして、これまたウケが良かったりします。

ビールはコミュニケーションの入口

酒の力は偉大です。

つまらない話でも皆爆笑してくれるし、何となく一体感が生まれて翌日から仲間になれたりします。

何を話せばいいのか分からない時でも、目の前にあるビールだけで結構話を盛り上げて、ブラジル人に好かれることができます。

いくつかネタを仕込んで飲み会に参加しましょう!

Sponsored
 
関連記事

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします