シェアする

単語帳自作アプリの中でZuknowは無料なのに群を抜いて使いやすい

zuknow3

最近ポルトガル語のレッスンに通い始めました。

英語でポルトガル語を勉強するという高度すぎる経験をしているわけですが(ついていけてるのか謎ですが)、やはり授業中の内容だけで言葉を覚えるというのは不可能です。

そんなわけで、単語帳を作って繰り返し勉強したいなと思っていたのですが、ブラジルの文房具店はどこを見ても単語帳が売っていない。先生に画像を見せても単語帳の概念を知らない。

仕方ないのでアプリで代用しようと思ったのですが、これが思いの外良い物を見つけるのに時間がかかりました。

Sponsored

僕が単語帳に求めていたこと

単語帳アプリを探している中で、中々僕が求めていた条件が揃ったアプリがありませんでした。

単語は自分で追加できる

今2つの教材を使っていて、一つは日本から持ってきたポルトガル語の教科書、もう一つは先生が用意してくれるペーパーです。

正直先生がくれるペーパーだけでも100%覚えようとすると簡単ではありません。そこに日本から持参した教科書を追加してたまに眺めているだけでヒーヒー言っています。

このように今手元にある情報だけでいっぱいなのに、既成の単語帳アプリでまた新たに知らない単語を覚えるというのは効率が悪くなりますです。もちろん基礎単語はいつかは覚えないといけないわけですが、日々の生活の中で触れた単語をまずは覚えたいため、自分で単語帳を作成したいというのがまず最初の条件。

パソコンを使って単語帳の管理ができる

そして、単語帳はパソコンで作りたいというのが2つ目。

スマートホンで単語を追加できるアプリもありましたが、打ち込みスピードが落ちますし、管理が面倒です。パソコンで、さらにはエクセルやCSVで単語管理したいというのが要望でした。

これが結構大きなハードルのようで、パソコンから追加できなアプリやできても管理がし易いとは言いがたいものも結構ありました。

出来る限り無料で使えるものがいい

もちろん良い物であればお金を出す心づもりはありました。

上の2つの条件を満たすアプリで最初に出てきたものがAnkiというアプリ。

最初Zuknowをズックナウという意味不明な読み方をしていましたが、正しくはズノウ(頭脳)です。名前の通り日本製のアプリでして、UIも日本人好みの雰囲気です。

zuknow - 友だちとクイズで競える学習アプリ

zuknow – 友だちとクイズで競える学習アプリ
開発元:BizReach, Inc.
無料
posted with アプリーチ

パソコンからのインポートがめちゃくちゃ楽

これ本当に有り難いです。

Zuknowはエクセルで単語帳の一覧を作成します。画像にある通り、1列目を外国語、2列目を日本語といった形でエクセルを作成しておけば後はPCサイトで貼り付けるだけです。

zuknow

通常エクセルで作成したものをCSVに変換したり、少なくとも保存したファイルをネットワーク上にアップロードする必要があると思うのですが、Zuknowはエクセルの表をコピペして専用サイトに貼り付けるだけです。

もしかすると作業が変わらないと言われるかもしれませんが、心理的にこれほど楽なことはありません。

単語帳データの共有システムもあり、特に英語はTOEIC対策などのデータが充実しています。今回は自作単語帳が目的ですが、既成の単語帳も利用できます。語彙力をさらに伸ばしたいという場合にも十分利用価値のあるアプリだと思います。

効率的に記憶させる仕組みがきちんとできている

最近の語学アプリによく見られる仕組みですが、単語を効率良く覚えるための仕組みがしっかりとできています。

単語帳モードの学習画面

単語帳モードの学習画面

制限時間モードがあったり、一定の正解回数を達成するまで繰り返し同じ単語が表示されます。間違いやすい単語を重点的に、しっかりと集中できるように制限時間を設けて勉強できます。

登録データをベースに自動で選択肢を作成してくれるクイズモード。制限時間を設定してゲーム感覚で進められる

登録データをベースに自動で選択肢を作成してくれるクイズモード。制限時間を設定してゲーム感覚で進められる(文章の場合あまり意味がなかったりしますが)

また単語帳の裏表をひっくり返すのも簡単にできます。つまり「英→日」で登録して、「日→英」の確認テストをモード切り替え一つで簡単に使うことができます。

単語登録の方法を工夫させれば学習の幅が広がる

このシンプルな機能を上手く利用すれば単語帳がさらに使いやすくなります。

まず登録する単語については、iPhoneのメモ機能でもEvernoteでも良いですが、外出中に見かけた単語をとりあえず残しておきます。

帰宅したらパソコン側でデータを同期して、エクセルに貼り付けます。これで一日の情報がデータとして残ります。

またエクセル側にも工夫が可能です。

例えば僕が現時点で作っているエクセルのイメージはこんな感じです。

zuknow1

全ての単語を一覧にしてしまって、難易度や学習進捗を定期的に更新してあげて、エクセルのフィルター機能で必要なデータだけを抽出します。難易度が中のものだけで単語帳を作ったり、まだ覚えていないものだけ、”読み”はできるけど”書き”はまだのものなど。

これにより既存のデータファイルを利用して、必要なところだけ勉強するための新しい単語カードが作れます。

僕もまだ使い方の模索をしているところではありますが、エクセルの管理が容易であるということだけで、必要な部分だけ抜いてきて勉強することができるようになるものと思います。

あなたにお勧めの関連記事

ドラッグするだけでサイト上の英単語の意味を教えてくれるWeblioのプラグインが超便利

Duolingoという初心者向け語学学習アプリを使うべき4つの理由と一つの素敵なお話

精度が上がったと噂のGoogle翻訳で英語とポルトガル語の同じ記事を翻訳比較してみた

言葉が通じない国でも翻訳アプリTranslatorがあれば生きていける

Sponsored

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします