速度制限ルールが変わったWimax。3日10GBを超えた1Mbpsの世界をレビュー。 | Brasil Tips(ブラジルチップス)

速度制限ルールが変わったWimax。3日10GBを超えた1Mbpsの世界をレビュー。

シェアする

Wimaxが2月2日から速度制限に関するルールを変更しました。

これまで3日で10GBの速度制限ルールがあったものの、10GBを超えても通常の利用にはほとんど不便がなく、多くの方が固定回線代わりに利用していたと思います。

しかしながら、今回のルール変更はライトユーザーには朗報でありながら、Wimaxを固定回線代わりにしていて、さらに動画や画像の視聴を多くしている人は一抹の不安を感じさせるものでした。

僕自身も3日で10GBは結構超えてしまうことがあり、これまでとは異なるルールで困ることがないか不安でした。

Sponsored

Wimax2+の速度制限ルール変更の概要

Wimax2+は2017年2月2日から以下のように速度制限ルールが変更になりました。

  速度制限 制限時の速度 制限時間帯
3GB以上の利用で速度制限。 Youtube(HD画質)視聴可能な速度。4Mbps~6Mbps程度。 翌日13時から翌々日13時まで
10GB以上の利用で速度制限。 Youtube(標準画質)視聴可能な速度。1Mbps程度。 翌日18時から翌々日2時まで

これまでは速度制限までのデータ通信の利用料が3GBと低かったものの、もし速度制限されてもスピードはまず苦にならない程度のものでしたが、新ルールでは一気に1Mbpsまで下落するというもの。その代わり日中は速度制限を受けず、夜間のみ制限するため、ビジネスなどでは困らないというのがWimaxの見解でした。

この10GBというデータ量ですが、ウェブサーフィンをしているだけではまず超過しないと思われます。そのため調べ物や暇つぶしにまとめサイトを見る程度のユーザーは問題ありません。

一方で、僕のようにNetflixなどの動画サービスを見ている人やオンラインゲームなどをしている人は一日再生していたりするとすぐに到達するレベルでもあります。

実際に僕もウェブサーフィン+ブログ運営+Netflixのトリプルコンボで3日で20GBくらいいくこともありまして。

その結果早速この新ルールの適用対象となり、この1Mbpsの制限を受けることになりました。

netflix00

実測1Mbpsではどの程度ウェブサービスが楽しめるかレビュー

さて、実測1Mbpsが体感でどの程度のスピードなのか、簡単にレポートしたいと思います。

ネットサーフィン

全く苦ではありません。

画像が多く含まれたサイトではちょっともたつくこともありますが、通常のサイト閲覧で遅いなぁと感じることはまずありません。

なお、僕はスマホ回線としてUQモバイルを利用しておりまして、普段は「節約モード」という実測0.5Mbpsでサイト検索をしていますが、このレベルでようやく少し遅いかなというレベルです。

1Mbpsもあれば必要十分です。

漫画アプリ(マンガワン)

たまに利用している無料漫画アプリ「マンガワン」についても読み込みにいくらか時間がかかりますが、問題なく利用できます。

もちろん通常速度の際にはアプリを開いた瞬間に表示される漫画ですので、こうしたレベルに比べると弱いと感じるところもありますが、おおらかな気持ちで待てばすぐ表示されます。

Youtube(標準画質・HD画質)

さて、Wimaxが公式に速度制限時は「Youtubeの標準画質視聴可能レベル」と言っているわけですが、どうでしょうか。

早速視聴してみたところ、確かに標準画質であればスムーズに再生が始まり、途中で停止することもなく視聴できました。しかし、何でもハイビジョンの今の時代、標準画質で映像を視聴するというのは結構ストレスかもしれません。

一方で、旧ルールでサポートしていたHD画質(720p)レベルの視聴ですが、流石に再生にもたつきがありました。動画を選んでもすぐに視聴が始まることはなく、十秒少し待って再生が始まりました。その後、いくらか不安定ながらも1分も経てばスムーズに再生されていました。

ただし、人によっては以下のような感覚の方もいらっしゃるようです。

ザッピングする方にはストレスかもしれませんが、一つの動画をじっくり見る方はそこまで困らないのではないかなというのが個人的な印象です。

Netflix(有料動画サービス)

僕が大好きなNetflix。もうテレビなんて見ないでずっとNetflixを見ています。

ほとんどの場合、AmazonのFire TV Stickを使ってテレビで視聴しています。そのため流石に標準画質レベルでは視聴に耐えず、さらに平日の夜に視聴することが多いため、速度制限の影響をもろに受けるサービスでもあります。

さてさて、実際に再生してみた印象は以下の通りです。

まず、テレビで再生した場合、最初の1分か2分程度、標準画質で再生されます。これはテレビの場合、画質設定ができず、インターネットの速度に合わせて自動で画質が選択されるためでしょう。ただ、再生ボタンを押せば読み込みは結構早い。

netflix6

標準(SD)画質で再生されている時の画面

その後、動画の読み込みが追いつけば画質が改善されていく場合もありました。特にアニメ視聴であれば、画質は全く気にならないほどに改善されました。僕の目ではこれはHD画質並に見えます。

netflix0

HD画質(たぶん)で再生されている時の画面

一方で、ドラマの再生となるとデータ容量が重くなるのか、標準以上HD以下といった画質での再生が続きました。背景が少し滲むというのでしょうか。色の階層が粗い感じです。

テレビから数cmで撮影すると粗いですが、2m程度離れると十分に見るに耐えます。

テレビから数cmで撮影すると粗いですが、2m程度離れると十分に見るに耐えます。

ただ、少し時間が経過すると以下のようにHDに遜色ないレベルで表示されます。もしかしたらHD画質ではないのかもしれませんが、正直僕の目には違いがほとんど分かりませんでした。

netflix5

たぶん40インチとか50インチの大型テレビになると視聴ストレスが変わるかもしれませんが、32インチ程度であればすぐに目が慣れました。人間の目ってそんなもんです。

実測1Mbpsとの上手な付き合い方(後日談)

数日間新たな制限を毎日受けていた中でなんとなくコツを掴みました。

恐らく1Mbpsはそこそこ安定して出ているようです。しかしながら、利用中にストレスを特に感じるシーンは「複数のサービスを同時に利用している」時です。

特にNetflixを再生しながらネットサーフィンをしているとサイト閲覧にかなりの影響を受けます。サイト閲覧そのものはたいしたデータ量を使わないのですが、Netflixが出来る限りデータを消費しようとするとサイト閲覧の余裕すらないというのが現状です。

もちろんネットサーフィンできないわけではないんですが、画像の読み込みもかなり重く、サーフィンというよりドリラーという感じです。ドドドドとボコボコ進んでいく感じです。

あなたにお勧めの関連記事

BroadWimaxギガ放題プランと格安SIMの併用。申し込みから速度制限までをレビュー。

【駐在・留学】海外生活で暇を持て余さないために。新たな必需品「Amazon Fire TV Stick」

海外からNetflix!気になる視聴可能な邦画や字幕設定、吹き替えなど

Sponsored
 
関連記事

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Coment

  1. ゲストN より:

    とても参考になりました。

    今まではYouTubeをテレビ代わりに流しっぱなしにしていましたが、
    今回の改定により、YouTubeを見る時間がめっきり減ってしまいました。
    1Mbpsというのが、すごくネックというか微妙なんですよね。
    改定前は毎日制限を受けていましたが、それでも4Mbps程出ていたので
    なんら不満はなかったのですが、今回の1Mbpsというのにはガッカリしました。

    おかげで、ADSLに申し込もうか真剣に検討していましたが、
    この記事を読んで、YouTubeが何とか見れそうなので、安心しました。

    しかし、UQコミュニケーションズ社はお客を翻弄させるのが本当に得意ですよね(苦笑)

    • ショヘル より:

      コメント有難うございます。

      ”お客様を翻弄させる”、全くその通りだと思います。
      実は昨晩かなり体感速度が落ちたため再び回線速度を計測したところなんと0.2M。全然1Mいってないんです。NetflixもYoutubeもすべて粗い映像でしか映りませんでした。ツイッターで検索かけたら同様の状況に苦しむ方が何名かいらっしゃいました。

      恐らくかなり内部ごたついているように思います。もう少し様子見が必要かもしれません!