ニューヨークより安全!?州別殺人件数から考えるブラジルの治安

シェアする

しばしばブラジルは世界でも危険な国の一つ、みたいな表現がされます。

ギャングが銃撃戦をしていて、道を歩けばスリやら強盗に合うイメージを持っている方もたまにいらっしゃいます。

ブラジルに行くと決まった時から「治安は大丈夫か」と皆に聞かれます。

でも、こちらに来れば皆が普通に生活をしているわけです。地元民も日系移住者も、毎日何かにおびえて生活しているわけではありません。注意はしていると思いますが。

このイメージのギャップは何が原因なのかと考えていたのですが、基本的に日本とブラジルでは「平均」「分散」に対して根本的に持つイメージが異なるのだと思いましたので、数字で確認してみました。

一応参考として長いデータを掲載していますが、面倒な方は文章だけ読み進めていけば理解できるような構成になっていますので、飛ばしちゃって下さい。
ブラジルの殺人率と日本の自殺率との比較も行ってみました。宜しければ一緒にご覧ください。
http://brasiltips.com/compare-murder-suicide/
Sponsored

超当たり前だけど、平均の意味を考える

math

まず誰もが知っている平均の意味について簡単に説明します(させて下さい)。

例えば、A君、B君、C君、D君が国語のテストを受けたとします。

以下、2つのパターンを考えます。

①それぞれの点数が85点、80点、65点、70点

この4人は比較的同じような点数分布で、平均点は75点です。

この4人のそれぞれの点数を伝えずに4人の平均点だけを他人に伝えた時、人々はこの4人は75点くらいの能力を持っているんだなと、ぼんやり思います。

で、このイメージはあんまり間違っていません。多少前後はしますが、4人ともそれなりの学力を持った子どもたちです。

②それぞれの点数が100点、95点、55点、50点

このの場合はどうでしょう。こちらも平均は75点です。

そして①と同様に平均点のみを他人に伝えたとしましょう。聞いた他人はまぁ多少の差はあっても75点程度の学力を持ったグループだと考えるでしょう。

誰もが分かるように、彼らに75点というイメージを持つと非常にやっかいだと思います。100点の子供と50点の子供に同じ授業スピードや理解度を期待しても無意味です。そもそも75点という点数イメージに近い子供はこの中にはいないわけです。

バラツキの少ない日本。バラバラのブラジル

different

上記のようなバラツキを俗に分散とかいうわけですが、日本とブラジルはこの分散に対するイメージがあまりに違うのではないかと思います。

多少の差があっても、北海道から沖縄まで「日本は安全」「日本は綺麗」「食事が美味しい」といった説明に大きな違和感を持つ人はいないでしょう。

日本語を使って、日本の文化の中で、同じ教育を受け、同じテレビ番組を見ていれば、そんな大きく変わらないのは当然です。

一方で、ブラジルは日本の23倍の国土の中に、世界中からの移民が築いてきたコミュニティがあり、ポルトガル語という共通言語はあっても、生活の基礎となる文化は大きく異なります

若干雑な説明ですが、こうした文化の差は当然経済の発展度や生活スタイル、教育水準に大きな差を生みます

上記の説明で言えば、日本は①のような構成、ブラジルは②のような構成になるわけです。

というわけで、何が言いたいかというと、ブラジルと一言でいっても広いし、危険といったって危ないところも、そこまで危なくない所もあるんじゃないか!ってことです。

ブラジル全体の殺人率の推移

brazil

まず、ブラジルという国全体の平均値で見た場合、ブラジルの危険度はどのようなものなのでしょうか。最も損害度の大きな殺人の発生率(10万人あたり)の平均値は以下の通りです。

※直近の数値が見つからず、2012年までのデータになります。

■ブラジル10万人あたり殺人件数推移:1998-2012(単位:人)

10万人あたり
199825.9
199926.2
200026.7
200127.8
200228.5
200328.9
200427
200525.8
200626.3
200725.2
200826.4
200926.9
201027.5
201127.1
201229
増減3.1
増減率(02-12)12%

参照 List of Brazilian states by murder rate(Wikipedia)

1998年以降15年間を10万人あたり25人~30人で推移しています。

多少の波はあるものの、15年間で治安が極度に悪くなったりしているわけではありません

さて、この平均的な数字がどのくらい危険なのかと他国と比較すると以下の通りになります。

■10万人あたり殺人件数ランキング:1位~40位(単位:人)

順位国名2013年
1ホンジュラス84.29
2ベネズエラ53.612012
3米領ヴァージン諸島52.642010
4ベリーズ45.092012
5ジャマイカ42.88
6エルサルバドル39.79
7レソト38.032010
8グアテマラ34.572012
9セントクリストファー・ネイビス33.422012
10南アフリカ31.86
11コロンビア31.84
12トリニダード・トバゴ30.21
13バハマ29.72012
14ブラジル26.54
15プエルトリコ26.492012
16セントビンセント・グレナディーン25.512012
17ドミニカ共和国22.032012
18セントルシア21.572012
19モントセラト20.42008
20ツバル20.092012
21ガイアナ19.46
22メキシコ18.91
23ナミビア17.462012
24スワジランド17.432010
25パナマ17.15
26サンピエール島・ミクロン島16.52009
27ボツワナ15.382010
28ケイマン諸島14.732009
29南スーダン14.412012
30中央アフリカ13.642012
31コンゴ民主共和国13.472012
32グレナダ13.312012
33仏領ギアナ13.32009
34コートジボワール12.432012
35エクアドル12.412012
36ボリビア12.092012
37モーリタニア11.362012
38ニカラグア11.332012
39アンティグア・バーブーダ11.222012
40マリ11.22012

※注は2013年のデータが取得できず、他年数値を採用している場合の採用年

参照 世界の殺人発生率 国別ランキング

ブラジルはなんと14位。日本は0.28で211位。日本は本当に安全な国なんですね。

ここまでが恐らく日本人の多くが持っている「危険なブラジル」のイメージです。

この広大な国にどのくらいのバラツキがあるのか、次は州別の数値を見ていきたいと思います。

全国平均を分解して、考えてみる

state-of-brasil

州別の数値は2002年から2012年までの10年間の推移を5年ごとに以下のような変遷をたどっています。

■ブラジル州別10万人あたり殺人件数(単位:人)

State/Region200220072012増減率
Brazil28.525.2292%
Acre25.718.927.57%
Amapa3526.935.93%
Amazonas17.32136.7112%
Para18.430.441.7127%
Rondonia42.327.432.9-22%
Roraima34.927.935.41%
Tocantins14.916.526.276%
Northern21.72637.372%
Alagoas34.359.664.688%
Bahia1325.741.9222%
Ceara18.923.244.6136%
Maranhao9.917.426163%
Paraiba17.423.640.113%
Pernambuco54.853.137.1-32%
Piaui10.913.217.258%
RioGrandedoNorte10.619.334.7227%
Sergipe29.725.941.841%
Northeast22.429.638.974%
EspiritoSanto51.253.647.3-8%
MinasGerais16.220.822.841%
RiodeJaneiro56.540.128.3-50%
SaoPaulo381515.1-60%
Southeast36.82321-43%
Parana22.729.632.744%
RioGrandedoSul18.319.621.920%
SantaCatarina10.310.412.824%
South18.321.42431%
DistritoFederal34.733.538.912%
Goias24.524.444.381%
MatoGrosso3730.734.3-7%
MatoGrossodoSul32.43027.116%
Center-West30.428.438.226%

※増減率は2012-2002の増減率

参照 List of Brazilian states by murder rate(Wikipedia)

全国における殺人件数について、10年間の単純平均で計算すると、少し高く10万人あたりの殺人件数は27.6です。

これを分解していきます。

地方別に見てみる

ブラジルには大きな地方区分として、北部、北東部、南東部、南部、中西部の5つがあります。

州別の前にこの5区分で平均値を見てみると、南部、南東部の数値が比較的低水準であるのに対して、他の地域は1.5倍以上の10万人あたり殺人件数となっています。

また興味深い点として、南東部のみが殺人率に大幅な減少が見られます。

州別に分解してみてみる

州別に細かく見てみると、これがすごいことになります。

直近の2012年の数値で見ると、最も低いSanta Catarina州(南部)とAlagoas州(北部)は5倍も違います。10万人あたりに直すと50人も違うわけです。

一方で、日本人に親しみ深いリオデジャネイロやサンパウロはそれぞれ28.3と15.1。

リオデジャネイロは全国平均並、サンパウロは大きく下回ります。

しかしそれでも、南スーダンやメキシコ並の殺人の発生率ではあります。

危険という事実は変わらなくても、かなり安全に過ごすことはできると思う理由

brazil-happy

いくら分解してもやっぱりブラジルは危険だというイメージは払拭できないか。まぁ確かに危ない話も聞くしなぁと思いながらも、それでも少なくともリオデジャネイロやサンパウロで命の危険にさらされるリスクは殆ど無いといえるのではとデータを見ていて思いました。

1.身体犯は郊外の方が実質的な発生率は高い(と思われる)

国を州まで分解したのと同じように、州もまた多くの市とエリアに分解されます。

通常日本人が観光で入るのはそのうち、その中心部くらいでしょう。郊外に行く人は結構マニアックな方だと思います。

例えば少し古いデータですが、サンパウロの場合、大きく郊外と市内で見た場合の犯罪発生件数は以下の通りです。

2 罪種別犯罪発生状況(2009年)

 
市  内
大サンパウロ圏
郊 外
サンパウロ州
(合  計)
殺  人
1.235
1.202
2.113
4.550
殺人未遂
1.171
1.081
2.928
5.180
傷  害
38.837
29.881
117.540
186.258
強盗殺人
100
55
149
304
強  姦
1.593
1.247
2.807
5.647
誘  拐
38
23
24
85
薬物取引
5.688
3.833
18.365
27.886
強盗一  般
123.482
52.423
81.099
257.004
車  両
35.958
18.604
17.280
71.842
合  計
159.440
71.027
98.379
328.846
窃盗一  般
176.393
65.763
286.777
528.933
車  両
43.148
19.375
42.818
105.341
合  計
219.541
85.138
329.595
634.274

(ブラジルでは千円単位の記号を,ではなく.で表記します)

殺人件数で見ると市内での発生は全体の4分の1程度。

住民の構成比でいうと、サンパウロ州全体で4,150万人程度サンパウロ市で1,150万人程度で、これ殺人件数の比率と同程度なのですが、実際は中心部には朝も夜も住人以外の大量の人が流れ込んでいます。

つまり、サンパウロ市内の昼間人口(たぶん夜間人口すらも)は1,150万人を大幅に上回ることになります。

当然発生率ベースでいえば実質の分母が大きくなるわけでして、州全体の殺人率に比べると中心部のそれはそれなりに低いものになると思われます。

サンパウロでいえば2012年10万人あたり15件程度なわけですが、中心部に限ればそこに滞在する人のうち殺人に合うのは10人にも満たないのではないかと思います。

2.昼夜、エリアによる分解をしっかりすればリスクは抑えられる

さらにいうと、中心部でも危険なエリアというのがあります。これは現地人に聞けば教えてくれます。(リオデジャネイロであればセントロはその筆頭)

また、昼夜で比較すれば当然夜の方が発生率が高いわけです。

こうした時間や場所をきちんと使い分けて、安全な行動を心がけていれば犯罪にさらされるリスクはさらに落とすことができるはずです。

3.警察がかなり力を入れた結果が出ている

上記の州別殺人件数(10万人あたり)を見た時気づかれたと思いますが、リオデジャネイロとサンパウロの人口あたり殺人件数は大幅に低下しています。

リオデジャネイロもサンパウロも現在街中に警官がそこらじゅうにいます。

さすがに警官の前で犯罪をするほど(する人々もいますが)、アホな犯罪者ではありません。

またファベーラと呼ばれる今までギャングが牛耳ってきた貧困街を警察が制圧して、その影響力をそれなり落としてきました。

こうした成果の現れが上記の大幅な低下を実現させたものと推測できます。

まだ高い水準ではありながらも、人々が多くいる場所であれば比較的安全であると言えるでそう(スリには気をつけましょう)

とりあえずブラジル怖い病からは脱け出すべき

happy2

こちらの記事によれば2015年のリオデジャネイロの直近の殺人発生率は18.6件/10万件であり、これはニューヨークと同程度でデトロイトやカリフォルニア州のコンプトンよりも低いとのこと。

また、サンパウロの殺人率も直近は10人/10万人となっており、かなり減少しているようです。

日本と比較すれば世界中どこでも危険なわけですが、ニューヨークなどと同程度と考えると、「ブラジル=危険」と考えることの無意味さが分かると思います。

ブラジルの異国体験は他の国ではできないものが多くありますし、上記のように気をつけることを気をつければ、数値的な面でもかなりリスクを落とせるのではないでしょうか。(最後は不十分な証明ではありつつも)

ブラジル?ヤバイ!ではなく、きちんと気をつければ人生の幅が広がるのだという思考の中で、ブラジルに行くかどうか見極めていくのも一つの賢さのように思います。

Sponsored
 
関連記事

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします