シェアする

iPhoneのSIMロック解除ならR-SIM10+が約1,000円でできてオススメ

brasil

昨年からようやくドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアからSIMロックの解除が可能なスマートホンの発売が始まりました。

海外によく行く人にとってはようやく実現した待望のサービスです。

iPhoneもその対象なのですが、このSIMロック解除の対象は2015年5月以降発売の携帯電話に限られていて、iPhone6以前のiPhoneはキャリアによる公式SIMロック解除サービスは対象外になります。

そのため、ブラジルに行った場合に現在使用しているiPhoneに現地SIMを挿して使うということが出来ません。

もちろん海外用にSIMフリーiPhoneを別途購入してもいいのですが、やはり出来ることならば新たな出費は抑えたいものですし、iPhoneの使い勝手をそのまま楽しみたいものです。

結論から言うと、キャリアによるSIMロック解除の対象外なら、SIM下駄のR-SIM10+を使うのがオススメです。実際に僕もこの方法でブラジルの現地SIMを無事に使っています。

SIMロック解除に関する簡単なQ&Aを作成しました。もし不明な点があればこちらもご参照ください。

海外でSIMロックiPhoneを解除して利用するためのQ&Aをつくったよ
先日サンパウロ在住の駐在員の方からiPhoneのSIMロック解除に関するお問い合わせを頂きました。 何通かメールのやり取りをする中で、今ま...
Sponsored

iPhone6s,iPhoneSEならキャリアによる公式SIMロック解除をしましょう

iPhone6s以降のiPhoneは公式キャリアによるSIMロック解除サービスを受けることができますので、最初にその方法だけ簡単に記載しておきます。

ただし各社サービス内容が若干異なりますので、以下のホームページで詳細をご確認ください。

ドコモSIMロック解除の手続き
auSIMロック解除のお手続き
ソフトバンクソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除

SIMロックの解除の対象となるのは、契約後6ヶ月以上が経過した携帯電話です。

またオンラインで手続きをすればドコモ・au・ソフトバンク共にSIMロック解除の手数料はかからないようですので、iPhone6s、iPhoneSEをお持ちの方で対象になっている場合は手続きをしておきましょう。

SIMロックを解除しても、現在の機能や契約内容に特別な変更点が出るわけではないので、時間のある時にしておくと、急遽海外に出ることになった時にすぐに対応できます。

無事SIMロックを解除することができれば、海外でSIMカードを購入、SIMの有効化(アクチベーション作業)を行えば現地でも使えるようになります。

公式SIMロック解除の対象外のiPhoneはSim下駄を試そう

さて、公式のSIMロック解除のサポートを受けられないiPhone6以前の機種をご利用されている方はSIM下駄を使ってSIMロックの解除を行いましょう。

Sim下駄とは以下のようなチップのことを指します。SIMとiPhoneの間に薄いチップを挟ませることで、iPhoneにSIMロックをさせたように誤認させることができるという方法です。

simgeta

SIM下駄はAmazonなどで1,000円程度で購入できます。(購入当時数百円だった商品ですが、直近少しずつ値段が上がっています。円安などの影響を受けているかもしれません)

購入される際は以下の点にご注意ください。

  • Apple非公認の手法なので飽くまで自己責任
  • 中には偽物や不良品も混じっていることもあるらしく、事前に日本で使用できるものか確認しておくと良い(家族や友人で他社の回線を利用している人がいたら、そのSIMを借りて実際にSIMロックの解除ができたか確認しましょう)

さて、実際に使う場合のSIMですが、RSIM10+が一般的です。なお、管理人はR-SIM10+を現地に来てから試したのですが上手く行かず。とにかく国内で先に試しておきましょう。

2016.7.5追記

ブラジルで開通できなかった原因が分かりました。ブラジルでSIM下駄を利用したiPhoneを利用する場合、4GSIMではなく、3G SIMでないと使えないようです。3G SIMで無事認識することができました。詳細は以下の記事をご覧ください。

ブラジルでiPhoneのSIMロック解除がたったの90レアルでできた!
iPhoneをブラジルに持ってきて1ヶ月。最初はいわゆるSIM下駄を使って、VIVOという会社のSIMをauのiPhone6に差し込んだもの...

【重要】2017.1.2追記

iPhone7の発売、iOS10のリリースに伴い、R-SIM10+の新版であるR-SIM11が発売されています。直近のOS更新を済ませている方はこちらをご利用下さい。アマゾンの説明によればiPhone5以降のiOS10端末が対応しているようです。

またR-SIM11には公式に3Gデータ専用との表記があります。こちらも併せてご認識下さい。

R-SIM10+の使い方

後日このサイトでもR-SIM10+の手続き方法をご紹介しますが、取り急ぎは以下のサイトやYoutubeで公開されている方法をご参照下さい。
SoftBank版iPhone5sをDMM mobileで使ってみました(圏外病との戦い)

JailBreakで行うSimロック解除も一応調べました

自分のiPhoenのSIMロックを解除することを考えた時、最初はこの方法を考えていました。

ご存知の方は多いと思いますが、iPhoneにはいわゆるJailBreak(脱獄)というiOSのハッキング方法があります。

脱獄して専用アプリを入れることで、SIMロックを強制的に解除させることができるのです。僕も最初この方法を考えていたのですが、色々と調べていると直近のiPhoneでは脱獄はできても、専用アプリによるSIMロック解除ができないようです。

僕が調べた限りだと有名なSIMフリー化アプリ「ultrasn0w」は初期頃のiPhone4くらいまでは対応しているようなので、OSが古いまま放置されている昔のiPhoneを引っ張り出してきて使うくらいのものでしょうか。

現在使っているiPhoneを海外で使う際に、JailBreakによってSIMフリー化するというのは現実的ではないようです。

面倒なのは勘弁して欲しい!という方は格安SIMフリースマホをどうぞ

色々とご紹介してきましたが、確実に海外で使えるスマートフォンが欲しいという方は1万円代からアンドロイドスマホを購入するのも手です。

特にブラジルでは輸入関税が高いこともあり、日本国内よりもかなり高額になる傾向があります。

海外であれば最低限の使い方で十分だと思うので、格安スマホを外出時に、宿泊場所では普段遣いしているスマホでWiFiを使うというのが良いかもしれません。(外出先での無料の公共WiFiはまだ普及していませんが、ほとんどのホテルやホステルでWiFiが使えます)

SIMフリースマホの購入も検討してもいいかもしれない

キャリア以外によるSIMロック解除は、それなりに手間がかかります。

日本でSIMフリースマホを購入しても1万数千円だったりしますから、手間をかけたくはない、、公式キャリアによるSIMロック解除ができない携帯を持つ社会人は最初から新規購入を検討するのも手だと思います。

1万円SIMフリースマホOUKITEL K4000 Proは海外駐在・留学にオススメ
今やスマホ無しでの生活というのは非常に難しいものです。 ちょっとした調べ物や道案内、路線検索など私たちの生活にスマートホンの存在は欠かせな...

ただ、既にあるiPhoneを可能な限り活用したいという方はSIM下駄を購入して、色々と試してみるのがいいと思います。

あなたにお勧めの関連記事

海外でSIMロックiPhoneを解除して利用するためのQ&Aをつくったよ

iPhone7購入したい海外留学や赴任を検討予定の人は日本で買うべきか、海外で買うべきか

快適な海外旅行を過ごすために気をつけるべきiPhoneの4つのポイント

ブラジルでiPhoneのSIMロック解除がたったの90レアルでできた!

Sponsored

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします