ココナッツを飲んだ後の再利用方法をブラジルで知った | Brasil Tips(ブラジルチップス)

ココナッツを飲んだ後の再利用方法をブラジルで知った

シェアする

南国フルーツの代名詞、ココナッツ。

coco1

ブラジルに来るまでココナッツジュースは、ドロッとしてクリーミーなものだと思っていましたが、現地で採れた新鮮なものはとてもあっさりしていて薄い甘味がついた水のような感覚です。

あまりにあっさりしていて、ごくごくと飲めます。

ベロオリゾンテのスーパーに行った時には、3レアルかそこらで購入できました。

Sponsored

ココナッツジュースの飲み方

ココナッツジュースはココナッツに穴を開けて、そこにストローを差すだけです。

スーパーで以下のような貫通用の道具が売っています。(こっちは20レアル以上で売っていました)

ただし、僕の友人はゲラゲラ笑いながらドリルで穴を開けていました。

coco2

日本で飲むような甘い飲み物ではなく、本当にさっぱりとした飲み物です。この大きさで1リットルくらい飲んだ気がします。

ココナッツの使い方

さて、この使い終わったココナッツ。捨てても良いのですが、友人が有効な使い方を教えてくれました。

それがこちら。植物用のポットにするのです。

coco3

ココナッツの殻を半分に割って、その中に土と植物を植えます。

ある程度大きくなったら、通常は大きな鉢に植え替えるところですが、このココナッツポットは自然に朽ち果てていくため、そのまま新しい土の中に入れてあげることができます。

植物を傷めずに、植え替えができる中々のアイデアではないでしょうか。

coco4

日本だとなかなかココナッツを手に入れるというわけにはいきませんが、ちょっと思ったのはスイカでも同じようなことができるんじゃないかと。

スイカに穴を開けて、中身を吸い出してスイカジュースを作り、最後に殻を利用してプランテーションにすると。難しいですかね。

庭があったら試してみたいでんすが、それにはまだまだ時間がかかりそうです!

Sponsored
 
関連記事

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします