▶ ブラジル旅行に必要な全部まとめました ◀

日本における外国人の犯罪。在日外国人は本当に危険なのか。

ニュース

先日Twitterで以下のニュースがバズっていました。

「行為に使ったものがそのまま……」“ブラジル移民の町”群馬県大泉町でサンバが中止されたワケ(文春オンライン) - Yahoo!ニュース
群馬県大泉町――。人口約41,800人のうち外国人が約7,500人、人口比率で約18%を占める - Yahoo!ニュース(文春オンライン)

群馬県大泉町――。人口約41,800人のうち外国人が約7,500人、人口比率で約18%を占める日本有数の“移民の町”だ。なかでも最も多いブラジル人は4,221人に上る(今年8月末現在)。大泉町にブラジル人が移住してから、既に30年以上が経過している、日本における“移民先進地域”だ。

 大泉町では2007年から毎年、サンバのイベント「大泉カルナバル」を開催してきた。ところが今年6月、大泉町観光協会は突如、今年度の開催中止を発表した。大泉町でいったい何が起きているのか。

 実は大泉町における「サンバ」が中止されたのは今回が初めてではない。大泉町では、1991年から「サンバパレード」が開催されていた。町おこしとして大きな注目を集め、全盛期には20万人もの観光客が集まる大イベントだった。ところが、このサンバパレードも2001年に中止を余儀なくされている。

 当時、町長を務めていた長谷川洋氏は中止の理由についてこう説明する。

「パレードの当日はいたるところに違法駐車の車が溢れ、観光客で身動きが取れませんでした。私も警備に駆り出されて、観光客が路上に飛び出さないようにロープを握っていましたが、その圧力は怖いくらいでした。ダンサーや観光客の安全性を考慮して中止になったんです」

ダンサー同士の性行為が……

だが大泉町商工会の茂木透会長は、中止された理由は安全性の問題だけではないと指摘する。日本人住民の中には、サンバパレードへの不満が充満していたというのだ。

「あるレストランの経営者が『ダンサーが着替える場所に使ってください』と、お店を提供してくれたんです。ところが、そこがダンサー同士の性行為の場として利用されたのです。後片付けもされず、行為に使った物がそのまま放置されていた」

「サンバパレード」中止の6年後から「大泉カルナバル」が行われるようになったが、今年中止された。観光協会のHPには、以下のように記されているのみだ。

<当協会各関係者と企画立案、調整を行ってまいりましたが、整が付かず、今年は中止という運びと相成りました。>(原文ママ)

 大泉町関係者がその背景を解説する。

「元々、運営の一部に公費が充てられていた時期もありました。ただ『大泉カルナバル』は『サンバパレード』と比べて入場者数も少なく、『日系ブラジル人の小さなイベントのためになぜ公費を使うのか』という声が上がっていた。他の国籍の住民もいるのに、なぜブラジル人だけを優遇するのか。カルナバルが中止された背景には、こうした日本人住民の不満があったのです。来年以降は企画を一新して開催するという声も上がっていますが、まだ見通しは立っていません」

 日本人とブラジル人との「共生」について、村山俊明町長はこう漏らしている。

「共生というのはまだまだ。はっきり言ってかけ離れていると思う」

文藝春秋」11月号に寄稿した「外国人比率トップ 群馬県大泉町の悲鳴」では、日系ブラジル人の生活保護や犯罪、子供たちへの教育など大泉町が抱える諸問題について詳しく書いた。

この記事に対してYahoo!ニュースでは多くのコメントが寄せられ、多くは「ブラジル人は怖い」「ブラジル人は危険」「大泉町は日本人の街ではない」「外国人を追い出せ」といったもの。

この類の意見は古今東西、どこの国でも、いつの時代でも消えないわけですが、果たして在日外国人は本当に危険なのか、本当に犯罪を犯しやすいコミュニティなのかは、単純に好奇心をかきたてられるところです。

ここらへんについて、行政データがそれなりに整備されていたため、いくつかの疑問についてそのデータから答えを見つけていきたいと思います。ブラジルも出てきますが、今回は外国人全体で見ていきたいと思います。

出典 来日外国人犯罪の検挙状況(平成27年)

  

外国人の犯罪はどのくらい影響があるのか

まず最初に外国人の犯罪は私たちの生活にどのくらいの影響を与えているのか。比較的簡単に把握できる数値としては「外国人の犯罪数/全犯罪数(日本人+外国人の犯罪数)」ですね。

本当はここにそれぞれの犯罪の重度・軽度が係数としてかかるとより有意義だと思いますが、とりあえず我々の生活で外国人がいることでどのくらいの犯罪があるのかを考えます。それが下の図。

直近では約2.5%程度です。逆算すれば97.5%は日本人による犯罪です。

なお、ここでは正確には検挙数、つまり被疑者として特定された人間が外国人であったかどうかが基準になります。逮捕されたり、書類送検されたかどうかは別ですのでご留意ください。また、刑法犯と特別法犯が対象です。

刑法犯以外の犯罪のこと。具体的には、道路交通法違反、軽犯罪法違反、覚せい剤取締法違反などのことです。
特別法犯の多くは道路交通法違反で、全体の約8割を占めています。道路交通法違反は減少傾向にありますが、残りの2割にあたる道路交通法違反を除く特別法犯は、年々増加しています。その内訳は多い順から、覚せい剤取締法違反、軽犯罪法違反、廃棄物処理法違反、出入国管理法違反、保管場所法違反、銃刀法違反、自動車損害賠償保障法違反、風営適正化法違反、大麻取締法違反、その他となっています。(出典:セコム「防犯・防災用語集」

さて、この2.5%の犯罪ですが、実数では14,267件です。

超ざっくり計算すると、都道府県あたりで年間約300件、全国の市町村数のうち、非過疎地域922で割ってみると1つの街あたり年間約15件です。

実際は地域差がかなり大きいと思いますが、自分が住んでいる街で年間に15件の犯罪が外国人によって行われていると思うとちょっと多いかも。しかし逆を言えば、日本人による犯罪は15件×97.5%/2.5%=585件あることになります。まじか。

絶対値でいえば15件はそれなりですが、実態の生活からすれば、通常の犯罪に触れることすらそこまで多くない中で、外国人がいるから我々の生活が大きく影響を受けているかと言われると微妙だと感じました(個人の感覚です)。

ちなみに上記には特別法犯が含まれており、特に不法滞在含む入管法違反が3,000件程度含まれています。こういう犯罪はあまり体感することがないので、余計にそう思うのかもしれません。

加えて、最近は都内を中心に外国人のアルバイトを見かける機会が多くなり、外国人が増加すると外国人犯罪も多くなっていると感じる方もいらっしゃるかもしれないですが、外国人犯罪はかなり減少しています。ピークの3分の1程度です。

外国人による犯罪発生率は日本人より高いのか

次の疑問。在日外国人は日本人より平均して危険なのかどうか。換言すれば、在日外国人と日本人で、人口に対する犯罪発生率はどのくらい差があるのかということです。こちらも計算が可能です。

ただ、前提として注意しなければいけないことは、外国人における犯罪発生率は高く出る傾向にあるということです。

分母である在日外国人数で、最も正確に把握できそうな数字は在留登録をしている外国人の数でしょう。

一方で、検挙数を考えた時に、検挙されるているのは上記の在留登録をしている外国人だけではありません。最たるものは、不法滞在者です。彼らは分母には含まれず、検挙数は分子に含まれます。

また旅行で来日した外国人が犯罪を犯した場合も同様です。

このように考えると外国人の対人口犯罪発生率を正確に求めることはできない、また高めに出る傾向にあるということになります。

さて、上記前提を踏まえた場合にどのくらいの数値になるか計算すると以下のようになります。

 国内人口犯罪検挙人員発生率(対人口)
日本人127,095千人 1,229,975人0.96%
外国人2,307千人10,042人0.43 %

参考
都道府県,年齢(5歳階級),男女別人口-総人口(平成27年10月1日現在):e-stat
【在留外国人統計(旧登録外国人統計)統計表】2015年12月末
平成27年版 犯罪白書

外国人の発生率は日本人の半分以下です。日本人と外国人が1,000人ずついると日本人は9.6人が犯罪を起こしますが、外国人は4.3人。外国人の発生率を計算した時に分母を小さく見積もっていることから、実態はもう少し低い率だと思います。これを見るに外国人の方が危険、みたいな言い方はできません。

ちなみにテレビとか見ていると、欧米人よりアジア出身者の方が犯罪を犯していそうだから、欧米人を外して計算した方が事実に近いと思う方もいらっしゃるかもですが、在留外国人ってほとんどアジア圏なので、外したところでほとんど影響ないです(ヨーロッパ+北米登録者146,757人/全外国人2,561,848人=5.7%)。

危険な犯罪は外国人の専売特許なのか

ここまでで、外国人の犯罪発生の影響と犯罪性向を軽くみてみましたが、もう一つ気になっていることがあります。それは外国人の方が危険な犯罪を高い確率で犯しているのかということ。

誰でも見慣れない存在は怖いものです。知っていれば怖くないけど、知らないから怖いのは、子供の時の初めての買い物、初めての電車、初めての上京と一緒で、一度知ってしまえば何にも怖くないどころか、自分の世界が広がるわけですが、そこに行き着くまではなかなか難しい。

鎖国が終わって150年くらい経過した今でも、まだ外国人としっかりとコミュニケーションとったことない日本人って多いと思います。パスポートの保有率で25%らしいです。

人間は恐怖と比例してネガティブな妄想が広がるもので、その一つが外国人は凶暴な犯罪を起こすのではないかということ。確かにニュースでも外国人犯罪といえば、麻薬とか強盗とか、強姦とかそういったものが多い気がします。

これも数字で見てみましょう。なお、こちらは正規滞在と非正規滞在の数値が掲載されていたため、正規滞在者による検挙人員で記載しています。参考までに非正規滞在を含めた全体(括弧内)も記載します。

 日本人外国人日本人/外国人
基準値(人口)127,095千人 2,307千人55倍
殺人913人32人(42人)29倍
強盗1,97272人(86人)27倍
放火591人5人(5人)118倍
強姦933人30人(34人)31倍
粗暴犯
(暴行、傷害、脅迫、恐喝、凶器準備集合)
52,541人1,200人(1238人)44倍

上記の図は、日本人が外国人の何倍いるか、という比率をベースに、それぞれの犯罪が同様に何倍あるかを記載したもの。人口比55倍を上回る犯罪は日本人が、55倍を下回る犯罪は外国人の方が検挙人数が多いということになります。

これを見ると殺人や強盗、強姦は、人口を考慮して見ても外国人の方が検挙人数が多く、粗暴犯についてもやや多い水準です。一方で、放火については外国人の方が少ないです。

ただ、分母と分子の定義にズレがどの程度あるか、ちょっと自信ないです。が、いわゆる凶悪犯罪を含めた犯罪について外国人の方が確率だけでいえば多いのですね。

この点について、個人的な経験と私見を述べると、凶悪犯罪のようにそもそも絶対数の少ない犯罪は、日本人であろうと外国人であろうと、どちらにも存在するタチの悪い一定層との関わりに起因することが多いです。こうした偏りの中での数字ですので、この統計から「外国人=粗暴な性格にある傾向」と考えるのは非常に危険です。というより、ニュースなど見てそのように考えている人が多いのだろうなと思います。

どこの国の出身者が犯罪を犯しているのか

さて、外国人と一言で表現しても、その中には様々な国籍の人々が含まれます。実際にどこの国の人々が犯罪を犯しているのか、見てみたいと思います。

冒頭でも記載していますが、そもそも外国人の犯罪の発生率は0.4%程度です。99.6%が良心を持って真面目に日本で暮らしているという事実は常に忘れないで下さい。
まずは外国人による犯罪の国籍別構成率。

 

当然、最も人口の多い中国人による犯罪が最多となります。3分の1が中国、4分の1がベトナムで、この2国で半分以上を占めています。

ちなみに年次推移で見ると以下のようになります(刑法犯のみ)。

中国、ブラジルが大幅に人数が減少、一方でベトナムが急増しています。

さて、これを在留人口と併せて整理すると以下のようになります。刑法犯と特別法犯の比率が国籍によって結構違う印象を受けます。

参考 国籍・地域別在留外国人数の推移

【平成27年】在留人口刑法犯特別法犯
中国665,8471,8481,789
ベトナム146,9561,475492
フィリピン229,595435398
韓国457,772444252
ブラジル173,437358103
タイ45,37972215
ペルー47,72119544
アメリカ52,27110375
ペルー47,7219630
その他365,4901,161457
合計2,232,1896,1873,855

これを対人口比率に換算すると以下のようになります。

【平成27年】刑法犯特別法犯
中国0.28%0.27%
ベトナム1.00%0.33%
フィリピン0.19%0.17%
韓国0.10%0.06%
ブラジル0.21%0.06%
タイ0.16%0.47%
ペルー0.41%0.09%
アメリカ0.20%0.14%
ペルー0.20%0.06%
その他0.32%0.13%
合計0.28%0.17%

率で観察すると刑法犯ではベトナムが頭ひとつ抜けて一位、不法滞在や売春といった特別法犯ではタイが目立つ印象です。

ただ、飽くまで外国人同士の比較です。ベトナム人の刑法犯など高い比率もありますが、全体として外国人が危険といえる水準ではないことは理解しておきたい点です。

なぜ外国人犯罪はニュースに取り上げられやすいのか

外国人の犯罪ってトピックになりやすいです。暴力団とか、チンピラとか、風俗関係、さらには低所得者など、犯罪を想起しやすい、そのようにインプットされたセグメントの人間が犯罪を行なったというのは理解が容易で人間は享受しやすいように思います。

これは例えば、中小企業の社長の横領とか、芸能人の薬物犯罪とかと同じです。「彼らの中にはそういう人間がいる」ということを見聞きすると人間は無意識に安心しています。人間は信じたいものを信じる傾向にありますので。

逆に理解を超えるものを人間は信じない傾向にあります。水の上を走る人を見ても、本当に水の上を走っていると信じる人はほとんどいないと思います。

一方で、メディアが世論操作しているのか、これについては分かりません。日本人が行った100の犯罪よりも、外国人が犯した一つの殺人事件の方がずっと頭に残りますから、外国人の犯罪を偏向報道していなくても、人々が「外国人がいると治安が心配」と感じる可能性はあると思います。

人口増加すれば一定程度犯罪は増える、日本の人口は減少している

これに尽きると思います。

外国人がいれば、いや人口が増えれば一定程度必ず犯罪は増えると思います。働きアリの話ではないですが、どのようなコミュニティを作っても2割はさぼるというのは有名な話です。そのサボる2割を間引くと残りの8割のうちの2割が必ずサボるわけで。

日本のように総人口も、労働人口も減少している国では外国人労働が様々なところで日本人の生活を支えてくれています。

群馬県大泉町のように工場労働に従事するブラジル人も、都内のコンビニや飲食店で働く外国人も、彼らがいなければその工場や店舗は存在できていません。人口減少社会で、外国人が今の日本を支えてくれているという実感を持たない人がいたらそれは知りませんが。

外国人が増加することで犯罪の絶対量が増えるから、外国人を入れるな!という意見は否定しませんが、その代わりに労働人口の減少によるデメリットが加速化しても我慢してね、というだけです。

もう一つ加えるなら、この統計を見る限り、日本人増やすより外国人増やした方が限界的な(単位あたりの)犯罪者の発生数は少ないですから、治安を鑑みても外国人がいた方が合理的ですね。ここから先に増やすと状況がどうなるか分かりませんが、少なくとも平成17年の在留外国人は190万人強、平成27年が21万人強で、10%増えてもまだこの状況です。

個人的には、一定のルールの下、外国人労働者を増やして頂きながら、楽しい未来が拓ける可能性に賭けます。

コメント