リオデジャネイロ市立劇場(Theatro Municipal)

リオデジャネイロ
この記事は約1分で読めます。

パリのオペラ座のスタイルで1905年に建てられた壮大な市立劇場は、リオのオペラ、オーケストラ、バレエの本拠地です。イタリア人アーティストのエリゼウ・ヴィスコンティが描いた舞台幕をはじめ、豪華な内装には、カルロス・ゴメス、ワーグナー、レンブラントなど、75人の主要な芸術家の肖像画が描かれているなど、多くの美しい機微があります。

火曜日から金曜日(正午、午後2時30分、午後4時)と土曜日(午前11時、正午、午後1時、午後4時)には、45分間の多言語ガイドツアーを提供しています。英語を話すガイドがいるかどうかは、事前に電話で確認してください。この建物は一種の演劇であり、これを見に来る価値は十分にあります。

ご質問はこちら Comment/Question

タイトルとURLをコピーしました