シェアする

トルコ航空の航空券で名前間違い!結局手数料無料で対応してくれた

alphabet

 最近は皆さんオンライン上で飛行機のチケットを予約されていると思います。

僕も例に漏れずいつもSkyscannerやで最も安いサイトの航空券を検索して、その先のサイトで購入しています。いわゆるネット旅行代理店での購入です。

このようなオンラインでの航空券購入は大変便利なのですが、一方で全て自分で必要事項の記入や決済を行うため、万が一ミスをしてしまった時に気づかないことがあるのが難点です。何度も利用しているとたまに気が抜けてケアレスミスをしてしまうことは誰にでも起こりうる話だったりしますが、今回自分がこうした経験をするとはつゆにも思っていませんでした。

Sponsored

まさかの搭乗者である自分の名前を間違えた話

先日ブラジルから日本へのチケットを購入した際にやらかしてしまったのが「氏名の入力ミス」。生まれてから家族から呼ばれ、学校の出欠で呼ばれ、テストに何度も書いてきた自分の名前なのに、そしてこのタイミングで間違えるという。

しかも間違え方が以下のようなしょうもない内容。

正:SHOHEL

誤:SHOEHL

本当に下らないのですが、途中で文字列が一箇所だけ入れ替わってしまっていたのです。パッと見ても気づかないようなミス、だけど空港のチェックインなどでは絶対にバレるだろうなぁと思い、気づいてすぐに旅行代理店のサポートセンターに電話をしました。

ちなみに今回利用したネット代理店は「MyTrip」。サポートセンターは英語のみの対応で多少四苦八苦しましたが、非常に優しいスタッフですぐに解決案を提示してくれました。

海外から日本の固定電話へ連絡する際はLINE OUTが非常に安く、使い勝手が良いです。
http://brasiltips.com/lineout-review/

 ターキッシュエアラインは名前の変更を一切受け付けないらしい。備考欄への注記で対応することに

サポートセンターへ電話した時はネットで決済をしてから6時間程度経過したタイミング。ふと予約メールを見ていて事の重大さに気づき、慌てて電話しました。

さて、サポートセンターのスタッフによれば以下の通り。

  • ターキッシュエアライン(トルコ航空)は名義の事後変更を一切受け付けないことになっている(どうしても修正したければ新たに航空券を購入するしかない)
  • 搭乗者情報に備考欄があるので、そこに「実際の名前は”SHOHEL”である」旨を記載することは可能。
  • 基本的にはこの備考欄対応で問題ないはずだが、稀に空港カウンターで拒否されることがある。その場合は諦めて新しい航空券を購入するしかない。

イスタンブールでの自爆テロからまだ日も浅いためなのか不明ですが、氏名の変更を一切受けつけないというのはちょっと厳しい。。。

とはいえ、航空券をもう1枚購入するわけにもいかず、では備考欄へ注記する形でお願いしますと依頼しました。ちょっと嬉しかったのが、この対応は無料で行ってくれたことです。航空券の氏名修正であれば手数料取られた可能性ありますが、備考欄への補記程度であれば心地良く受け付けてもらえました。

実際に空港カウンターでは驚くほどスムーズに手続きができた

当日も少しドキドキしながらサンパウロのグアルーリョス空港へ行きました。

ウェブチェックインも事前に済ませ、何かトラブって口論になった時のことを考えて、3時間前に空港に到着。

空港カウンターでパスポートとEチケットを一緒に渡そうとしたら、パスポートだけを受取りパソコンに情報を打ちこんでいる様子。いやいや、それじゃあ名前一致しないんじゃないかなと不安に思っていたのですが、荷物を預け入れて、あえなく終了。特に名前について聞かれませんでした。

もしかしたらパスポート番号の入力で予約確認をしていたのかもしれませんが、それにしてもこの対応はちょっとお粗末な気も。仮にも今年にテロがあったわけで、名前の変更に問題がないかくらい聞いてくれてもいいのにと逆キレ気味!の感想を抱くに至りました。そもそもテロリストが名前を間違えるというのも可能性低そうですが。

とにもかくにも、カウンター担当者の気持ち次第で断ることもできる事由だと思うので、最悪の場合は航空券の購入のし直しというのも覚悟しておくべきかもしれません。

名字を間違えるとやっかいという話も

今回は特段問題なかったわけですが、やはり不安になって、色々な方に上記のような対応で問題ないかと聞いて回っていました。特に旅行代理店関係者。

この中で聞いた話としては「名前ではなく、名字を間違えるとアウト」ということ。これも確証はないですが、名字だと別人扱いされるとかよく分かりません。

氏名のミスというのは思いの他多いようで、大丈夫だろうとタカをくくっていると痛い目に会います。そしてもし間違えてしまったらすぐに電話をしましょう。意外となんとかなるもののようです。

Sponsored

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします