企業向け無料WordPressテーマ3選。事業を立ち上げようとしている僕が選んでみた | Brasil Tips(ブラジルチップス)

企業向け無料WordPressテーマ3選。事業を立ち上げようとしている僕が選んでみた

シェアする

実は最近こちらで少し起業のお手伝いをしているショヘルです。

詳細はまだお話するような内容ではないのですが、全くのゼロからビジネスを立ち上げるということがここまで大変(まだたいして辛い思いしてないけど)とは知りませんでした。

何が大変って、ビジネス内容も固まっていなくて、そのアイデアを考えながら、一方では事務作業を着々と進めなければいけない。その他にもやるべき(であろう)ことがたくさんある(ような気がする)が、何からどのようにいつ進めればいいのか結構頭が痛くなります。

さて、そんなわけで僕ともう一人の方と2人で話を進めているほぼ個人事業主みたいな起業なのですが、やはり今の時代サイトによる集客を見込みたいということで、企業サイトに使えそうなWordpressのテーマを探してみました。

▼サイト収入を高めるならアフィリエイトの登録がオススメ!

Sponsored

今のところ考えているサイトの2つの活用方法

僕が今新しく立ち上げようとしているビジネスは「教育関連」です。本当はここで色々とお話したいのですが、無力な僕にとって誰かにアイデアを奪われるリスクはとてつもなく大きいために、ちょっと我慢します。(そもそも超スモールビジネスです)

教育といっても今時のオンライン教育ではなく、教室を開いて行うタイプのため、初期におけるメインの集客は恐らく”リアルな場でのクチコミ”に依るところが大きいと考えています。

そのため、クチコミで当教室を知った顧客が自宅で当校を調べた際に、サイト上から契約にまで引っ張っていきたいというのが1つ目の目的

一方で、少しずつ成長してきたら出張授業も行いたいと考えています。この時には多少なりとも商圏が広がっていく予定です。そうすると”リアルな場でのクチコミ”の伝播力は少し落ちてしまいます。

そのため、少し広めの商圏にいる潜在的な顧客を見つけるツールとしての役割も担わせたいというが2つ目の目的

WordPressテーマ選定の基準

さて、そんな目的(の妥当性はプロではないので実践あるのみですが)を踏まえて、いくつかテーマ候補となりそうなものを調べてみました。その際の選定基準は以下のようなものです。

①国産Wordpressテーマ

僕はサイト作成においてズブのド素人です。既にあるテンプレートのCSSやPHPをいじるのが精一杯です。それも必要なことを都度調べながらいじっているため、知識に穴が多くあります。

そういう意味で、国産のテーマというのは非常に重要なポイントです。というのも、国産テーマであれば日本語での説明のみならず、該当テーマを利用されている他の方のレビューや改善ポイントなどの情報方を集めやすいのです。

一つ一つ勉強しながら、またサイト作成が本職ではない僕にとって、日本語で容易に情報を集められるという点で日本人が作った日本語のワードプレステーマというのは要件の一つと言っても過言ではないでしょう。

②トップページでアポまで入れられるようにしたい

冒頭でも説明したように、クチコミで入ってきたホームページ上でお客さんに必要な情報を提供して、そのまま問い合わせできるようにしたいというのが要望の一つです。

そのためには、分かりやすいサイト構成、可能であれば一つのページ内である程度完結するようなトップページが簡単につくれることが望ましいでしょう。

シンプルで分かりやすく、またあまりいじらなくてもある程度この要望を実現してくれたらいいなぁ(贅沢)というのが2つめの基準です。

③オウンドメディアとしての機能

これは2つ目の目的、すなわち潜在的な顧客にリーチさせるために必要なことだと考えています。

事業に関連したブログもサイト内に併設して、記事を通してこの分野に興味関心を持った顧客にアプローチしていくことも検討しています。まぁ別に目新しい話ではなくて、いわゆるオウンドメディアを立ち上げるという話なのですが。

この点を考慮した時に、トップページのみならず、ブログ記事としてある程度の見栄えもするということが重要です。そしてある程度SEOも考慮されたテーマであることが重要なのではないでしょうか。

トップページの外観だけではなく、ブログ記事が検索に引っかかり、拡散されることも踏まえたWordpressテーマであることが3つ目の条件です。

国産企業サイト向けWordpressテーマ3選

さて、ここまで挙げた自分の無能さを棚に挙げた基準を満たしくれるテーマというのはあるのでしょうか。

ええ、あるんですね。ここで紹介しているものの他にもいくつか良さ気なテーマはあるのですが、現在僕が候補として検討しているWordpressテーマは以下の3つです。

Xeory Extension(セオリーエクステンション)

2016-09-08_16h38_43

SEO関連のバズ部が作成しているXeoryの企業サイト用のテーマです。

そもそもバズ部はオウンドメディアに大変強く、Xeoryはそのメディア力を十二分に備えたワードプレステーマなわけです。バズ部のブログは僕も結構お世話になっていて、そうした知見がふんだんに盛り込まれているという心強さがあります。

そこに企業テーマとしても利用できるようなトップページが加えられていることで、鬼に金棒です。

HP Xeory Extension

micata(ミカタ)

micata

micataもかの有名なWordpressテーマ”Stringer”の作者であるEnjiさんが作成されたテーマです。

Stringerは言わずも知れたブロガー鉄板のWordpressテーマの一つであり、有名ブロガーさんのサイトで頻繁に見かけるテーマです。

Stringer自体にオウンドメディアとしては申し分ない基礎があるわけですが、micataはその基礎の上にXeory Extentsionと同様に企業サイトとしても利用できるトップページデザインを付加しており、僕の要望を既に備えてくれています。

ちなみにデモを見てみると、ここまでお洒落なサイトができるのかと驚きます。

HP micata

BizVektor(ビズベクター)

bizvector

BizVektorは上記2つとは異なり、元々ブログよりもサイト向けに作成されたWordpressテーマです。

とにかくサポート体制が充実しており、ダウンロードサイトを見ると有料なのではないかと見間違うほどの解説やガイドが整備されています。初めてサイト作成をしてみたいという方にはとっておきのサイトなのではないでしょうか。

デザインは日本人にとっては馴染みの深いものとなっており、派手さはそこまでありませんが、企業の情報を的確に伝えるという意味ではこうしたデザインに高い有用性があるのではないかと推察します。

その他ブログ機能についても様々な配慮がされており、まずはコンテンツを楽しんでもらいたいという導入としては十分な内容となっています。

HP BizVektor

今回はXeory Extensionを使おうと思う

正直僕にとってはどのテーマを選択してもその効果を最大限に発揮できるほどのスキルは持ちあわせておらず、身に余る能力をそれぞれが持っていると思います。

ただ、その中でXeory Extensionを選択する理由はただひとつ。「ブラジル人が好きそうなテーマだから」です。

競合のサイトやブラジルのいくつかのサイトを見ても、最近の流行なのだと思いますが、Xeoryのような縦にスライドしていき、背景色でコンテンツの範囲を区切り、トップページだけでトピックとなるような内容のみを雰囲気で伝えるサイトがとても多いです。

僕もブラジル人に向けてサイトを作成するのは初めてですから、まずは右に倣えで真似をしてみて、その上で訪問者の反応を見ながら修正や他テーマの使用も検討したいと思います。

こちらの記事も一緒にご覧ください

MixHostへ乗り換えた5つの理由。ロリポップに疲れ果てているあなたに。

素人がSimplicityにコピペで行った17のCSSカスタマイズを残しておくよ

ロリポップのWordPress運用が重いので、MixHostで速度向上を実現した

ロリポップからMixHostへのサーバー移行したよ!プラグイン不要の移転方法を画像付きで説明!

Googleアドセンスの二次審査通過!巷で噂される審査基準の怪しさ

Sponsored
 
関連記事

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします