シェアする

【体験】格安バス会社WILLER EXPRESSを利用して福島まで行ってみた

2016-12-06-10-15-35-hdr

先日前職のお客さんに忘年会にお誘い頂きまして、福島まで行ってきました。

いつもであれば新幹線を利用するのですが、時間がたっぷりあったことに加えて、Facebookで知った「俺の夜行バス」という格安バスチケットの販売サイトを知ったので、今回は高速バスを利用することにしました。

ブラジルでは長距離バスに乗り慣れていたものの、日本のバスはどんなものだろうといくらか心配だったのですが、実際に乗ってみたところ思いの外満足度も高く、使い勝手も良かったためレビューも兼ねてご紹介したいと思います。

Sponsored

Willer Express(ウィラー・エクスプレス)とは

今回乗車したのがWiller Express(ウィラー・エクスプレス)。

東京、大阪を中心に福岡、広島、京都、石川、青森まで主要都市は全て網羅している長距離高速バス会社。ピンクの車体が特徴的なバス会社です。

2016-12-06-10-15-35-1

元々はバスツアー会社から開始したようですが、現在ではこうした長距離バス運行も手がけている大手バス会社の一つです。

値段は驚くほどの値段で、インターネット上の評判も良かったため、今回はこのWiller Expressを利用することにしました。

東京↔福島間をWiller Expressで往復してみた

予約から乗車まで

Willer Expressの予約は以下のサイトから可能です。

予約サイト ウィラートラベル

今回購入したのはバスタ新宿→福島駅西口の乗車券。往路が2,700円、復路が3,000円でした。新幹線自由席でも片道8,000円以上しますから激安です。

また今回は昼便でしたが、夜行便だとさらに安いチケットがありました。

さて、バス予約サイトを通じてバスの予約を行うとメールで予約確認メールが届くので、それをスマートホンで見れる状態にして持っていけばOKです。

バスに乗車する際に念のため必要ですが、基本的には予約した人の氏名を運転手さんに伝えれば問題ないです。その時に座席番号を教えてもらえます。

社内の様子や現地到着まで

さて、肝心のバスの内部ですが、これまた格安バスとは思えないほどの十分な作りです。

ブラジルの長距離バスも最近のものはクオリティが高まっていますが、その成長を忘れてしまうほど十分な乗り心地でした。

シート

2016-12-06-10-22-36

Willer Expressといえばこれ、”カノピー”。女性などは寝顔を隠して眠れると好評ですが、男性でもアイマスクなしに自然な眠りにつくことができます。

また座席の首あてが本当にフィット感が高く、これもリラックスしてくつろぐことのできる大きな要素です。

気になる座席のピッチですが、スタンダード、といった印象です。飛行機のエコノミークラスと同じくらいの狭さで、身長が180cmの僕だと足を伸ばすために少し角度に工夫が必要な感じでしょうか。女性はたぶん十分な広さです。

2016-12-06-13-50-44-1

また結構気に入ったのが、窓の広さ。窓枠が無いおかげで外の景色を座席に寝ながらにして楽しむことができます。

冷暖房

冷暖房は当然ながら完備しているのですが、こちらも心地よいものでした。

エアコンの音も気になりませんし、温度もちょうど良いものです。もし寒すぎたり、暑すぎたりする場合には休憩のタイミングで運転手さんにお願いしましょう。

電源

2016-12-06-10-21-31

長距離バス内では正直することもなく、スマホをいじり続けることもあるでしょう。

そんなわけで、スマホ充電のための電源は必須でして、こうした設備がついているのは非常に助かります。

なお、コンセントがあるだけなので、スマホの充電機は準備しておくようにしましょう。(ちなみに通路側の席にも電源があります)

WiFi

WiFi(無線LAN)があることを少しだけ期待したのですが、まぁこの値段ではつかないですね。残念。

最近では東京‐大阪間など主要な路線の一部バスにWiFiがついているようですが、全てのバスに搭載されるまではもう少し時間がかかるかもしれませんね。

休憩所

東京→福島では、佐野と安達太良で、福島→東京では那須塩原と羽生にて休憩がありました。それぞれ20分でした。

昼便だと間で昼食を取りたいのですが、正直昼時のパーキングエリアで20分で食事を取るのは難しいです。

バス出発前にサンドイッチやおにぎりを購入しておくことをお勧めします。(パーキングエリアのおにぎりは高い!)

外国人にオススメできるバス

出発時や目的地到着前に録音音声によるアナウンスがありましたが、これが英語・中国語・英語にて案内がありました。また前方の画面にも表示があるので安心です。

さらには休憩時の出発時間案内も前方に表示がありました。僕は海外で一度これを間違えたことがあり、気づいたら勝手に出発していました。。。

海外から来る友人のためにこちらで予約しておけば、本人は名前だけを伝え、現地まで来れますし中々使い勝手の良いバスだと思います。

ウィラーはコスパ最高。時間があるならバス移動が吉

確かに移動時間はかかります。

新幹線なら1時間半の距離を5時間かけていくわけですから。それでも往復しても片道新幹線代よりずっと安く、居心地も決して悪くない長距離バス。

コスパで考えれば間違いなく長距離バス一択でしょう。

夜行便であれば時間も決して無駄になりませんし、騙されたと思って是非一度利用してみてくださいな。

参考 ウィラートラベル

Sponsored

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします