ブラジル美女も見つかる!出会い系アプリTinderの特徴と使い方 | Brasil Tips(ブラジルチップス)

ブラジル美女も見つかる!出会い系アプリTinderの特徴と使い方

シェアする

古典的な出会い系アプリというと”有料”、”サクラばかり”、”プロフィールが嘘”といった信用できないものが非常に多いイメージです。少なくとも僕の周りの人の話を聞いているとそんな感じです。

ただテクノロジーの発達というか、Facebookという実名制のSNSの発達によって、最近日本でもFacebook認証を利用した出会い系アプリが流行しています。ゼクシィといった大手も参入して、またテレビなどでも取り上げられたりして、相応に市民権を得ている感じです。

で、表題のTinderも同様の出会い系アプリでして、欧米のみならず、僕が住んでいるここブラジルでも大流行しております。SNS大好きのブラジル人ということもあり、大学生を中心に若い人々がこぞって利用しているようです。

僕はあいにくそうした需要は持ち合わせていないのですが、周りの人達がとりあえず試してみろとのことで、ちょっと遊んでみましたら、直感的かつ安心感を兼ね備えたアプリだなと思いましたので、その特徴と使い方をレビューしてみます。

Sponsored

海外で流行している出会い系アプリTinderの4つの特徴

Tinderは欧米で大流行している出会い系アプリです。出会い系というとイヤラシイ感じもしますが、そういう目的と純粋な恋人探しの両方が混在している感じでしょうか。

大きな特徴は4つあります。

Facebook認証で安心に利用できる

冒頭でも説明していますが、TinderはFacebookのアカウントでログインするアプリになり、掲載写真もFacebookに投稿しているものから選択する形式を取っています。

Tinderアカウントを複数個作るためには、Facebookのアカウントを複数個作らなければならず、既存のアプリに比べて、悪意を持ったアカウントが少ないと思われます。そもそも偽物アカウントを作ったところで女性にポイントが入るといった仕組みではないため、あまり意味はないのですが。

ちなみに余談ですが、オリンピック選手もTinderに登録しており、リオオリンピックではちょっとしたニュースになりました。さらにオリンピック選手のTinderアカウントをまとめたInstagramページまであります。

こうした状況を踏まえれば「出会い系アプリだから怪しい」と身構える必要はないかなと思います。

ほとんどの機能が無料で利用できる

日本でもFacebook認証を利用した出会い系アプリはそれなりに出ているようですが、どれも月額会費制を敷いており、閲覧は無料できてもメッセージのやり取りは有料だったりします。

一方でこのTinderは閲覧からメッセージのやり取りまで全てが無料です。一部の便利オプションの利用(後述)に対して課金はあるものの、「パートナーに出会う」という目的を達成するだけであれば本当に無料で利用ができます。

メッセージ利用を無料にして、一部の便利オプションにお金を払うユーザーからの収入だけで運営するとは、世界中に多くのユーザーがいるからこそできる大胆な料金設定のあり方だなぁと思ったりします。

なお、有料オプションは以下のような内容になります。

  • スワイプ後にやり直しができる
  • 無料ブースト(同じエリア内の人のスマホに週に30分だけトップ表示される)
  • 広告表示のオフ
  • プロフィール公開範囲の変更(自分がLikeを選択した人だけに見せる)
  • 一日に利用できるSuperLikeの数が5つ

上記のオプションを利用したい場合の金額は以下の通りです。

tinder

基本は顔写真だけで判別していく

日本人は例えそれが肉体的な出会いを求めていたとしても、出会いという建前から様々な情報をプロフィールとして掲載します。身長だったり、趣味だったり、自己紹介文だったり。

もちろんTinderもそうした情報を掲載するのですが、原則として表示されるのはプロフィール写真のみ。小さく職業と年齢が付随しているだけです。

この第一段階で、もし興味があれば次のステップで詳細のプロフィールも確認することができますが、表示される写真を「好き」「嫌い」でスワイプしていく形式なので、Tinderにおいてはプロフィールは付随的な情報として与えられていると認識した方がいいでしょう。

ページ表示画面

基本的にこの情報を見て好きかどうかを選択していく

写真だけを単語帳のように次々とめくっていくわけで、容姿が好みかどうかというところだけで判断していくという露骨なアプリです。

同性愛者も参加できる

ちょっと面白いなと思ったのが、自分の性別と求めている相手の性別は自動的にリンクされません。

というのも、通常は自分が男性として登録すればアプリが紹介するのは女性のみでしょう。しかしTinderは自分が「男性」で登録しても、相手の性別に「男性」を選択することができます。

さらに言うと、相手の性別は「男性」と「女性」の両方を選ぶことも可能です。トランスセクシャルの方やバイセクシャルのユーザーも参加できるというのはやはり海外アプリだからということでしょうか。

Tinderの利用方法

さて、そんなTinderの利用方法はとても簡単です。順に紹介していきます。

①アプリのインストールとアカウント登録

アプリはこちらからインストールページにつながります。

Tinder

Tinder
開発元:Tinder Inc.
無料
posted with アプリーチ

Facebookのアカウントを持っていれば、そのままログインできます。

②パートナーの探し方

Tinderアプリは、次々に条件に当てはまるパートナーを画面上に表示してきます。

それぞれのパートナーに対して「Like(好き)」か「Nope(好きではない)」を選択、もし相手も自分に対してい「Like」を選択すればマッチングが成立して、メッセージのやり取りが可能になります。

例えば以下のようなパートナー紹介があったとします。

tinder6

下部に示されているボタンを選択することで、自分の好みを伝えることができます。

また以下のようにスワイプによっても選択可能です。テンポよく選択していきたい場合には、スワイプの方が便利です。

tinder7

LIKEを選択する場合は右にスワイプ

tinder

NOPEを選択する場合は左にスワイプ

またスーパーライクを押すと相手側に「◯◯さんからSuper Likeがありました」と通知されるため、ピンポイントにマッチングを打診することができます。ただし、無料ユーザーは一日一回までしかできませんのでご注意下さい。

上手くマッチングすれば右上に表示されている吹き出しボタンからメッセージのやり取りが可能な相手が表示されるようになります。

③設定内容の変更

設定内容は左上に表示されているマネキンマークから可能です。

GPSを利用して「自分がいるところから◯◯km以内」や「年齢」などが選択できます。

tinder11

④新機能TinderSocial(合コン)

最近Tinderが新たに導入したサービスにTinderSocialというものがあります。

Tinderのトップ画面の上部にあるスライドでTinderSocialへ切り替えることができます。

tinder8

これは友人を誘って外にでかける時にTinder上で仲間を募るというものです。もちろん異性グループに参加するわけでして、日本風に言えば合コンといったところでしょうか。

もう街コンとか参加しなくても、自分の住んでいるところから近いグループを検索すれば、毎日が街コンになるわけです。日本で本格化したら街コン会社非常に厳しいでしょうな。

増加する外国人観光客。日本でも外国人との出会いがあるかも

2020年の東京オリンピックに向けて、国自治体上げて外国人観光客に非常に力を入れている今日。年々増加傾向にあって、既に2,000万に届く勢いです。

出典:観光庁

出典:観光庁

これから日本でも外国人を見る機会は多くなると思います。恋人をつくるという目的だけでなく、英語でコミュニケーションを取りたいという方はTinderで飲み会を開いたりすると面白そうです。

Sponsored
 
関連記事

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします