2016年度夏時間(サマータイム)。ブラジルとの時差、対応方法など | Brasil Tips(ブラジルチップス)

2016年度夏時間(サマータイム)。ブラジルとの時差、対応方法など

シェアする

日本ではまだ導入されていない夏時間。

ここブラジルでは夏時間と冬時間が使い分けされており、初めてブラジルでこの2つの切り替えを経験したのですが、ちょっとドキドキしました。

そもそもサマータイムって何?というところに明日からサマータイムだよという連絡をもらったのですが、時間とかどうやって調整すればいいんだ!と混乱しました。

が、一旦経験してみれば大した話ではなく、携帯やパソコンの時計も問題なく作動しましたので、簡単なレポートをします。

Sponsored

サマータイム・ウィンタータイムとは

サマータイムやウィンタータイムとは、日照時間に合わせて明るい時間を有効に活用するための施策です。

一般的に夏の方が日の出が早く、冬の方が日の出が遅い傾向にあります。そのため夏には冬よりも早く仕事を始めた方が長い日照時間を享受できます。早めに出勤して、早めに退勤すればその後の余暇時間が増える他、電気代の節約になると言われています。

しかしここで問題があります。日照時間に合わせて営業時間や出勤時間を設定すると、例えば夏は8時から17時まで営業、冬は9時から18時まで営業となります。

が、こんな面倒なことはありません。夏になったらHPやチラシに記載されている時間を全て書き換えなければいけませんし、チラシを見た時に夏に書かれたのか冬に書かれたのか分からなければ正確な営業時間を知ることもできず、社会が混乱します。

そこでサマータイムの発動です。

夏が始まる最初の日の最初の1時間を消去してしまいます。

8月1日に夏が始まるとすれば、7月31日23時59分59秒の1秒後を8月1日の1時にしてしまうのです。俗に言う1時間進めるということです。こうすれば8月1日の朝9時は7月31日までの朝8時のタイミングにあたります。

■夏時間が始まる瞬間に1時間進める

start

これにより同じ「9時から18時」という就業時間でも夏の方が1時間早いタイミングで活動することになります。8月1日だけ気をつければ後はいつもと同じ日常が続きます。

ちなみに夏時間が終わる時は以下のようになります。これにより1年間の総時間数に変化は起きません。

■夏時間が終わる瞬間に1時間戻す

end

ブラジルのサマータイム・ウィンタータイムと注意点

夏時間をサマータイムと呼び、冬時間をウィンタータイムと呼びます。

それぞれ地球の自転の影響を受けるため、毎年微妙に切り替えのタイミングが異なります。

2016年のブラジルのサマータイムとウィンタータイムは以下の通りです。

夏時間:2016年10月16日~2017年2月18日

冬時間:2017年2月19日~2017年10月15日

ブラジルのサマータイムは一部地域のみ

ただしブラジル全土でサマータイムが導入されるわけではありません。緯度が低い(赤道に近い地域は夏と冬にほとんど差がないため、当該地域ではサマータイムの必要がありません。ブラジルにおけるサマータイム導入地域は以下の通りです。(州・代表的な地名)

summer-time

  • 連邦直轄区 (DF) — ブラジリアなど
  • エスピリト・サント州 (ES) — ヴィトリアなど
  • ゴイアス州 (GO) — ゴイアニアなど
  • サンタ・カタリーナ州 (SC) — フロリアノーポリスなど
  • サン・パウロ州 (SP) — サンパウロなど
  • パラナ州 (PR) — イグアス、クリチバなど
  • マット・グロッソ州 (MT) — クイアバなど
  • マット・グロッソ・ド・スーウ州 (MS) — カンポ・グランデなど
  • ミナス・ジェライス州 (MG) — ベロオリゾンテなど
  • リオ・グランデ・ド・スーウ州 (RS) — ポルト・アレグレなど
  • リオデジャネイロ州 (RJ) — リオデジャネイロなど

そのためブラジル国内で移動する時には注意が必要です。サマータイムを導入している場所とそうでない場所で時差が発生します。時計に十分な意識を向ける必要があることもままあります。

日本との時差も変わる

当たり前ですが。Skypeなどでウェブミーティングをする場合には注意しなければいけません。

例えばサンパウロと東京の時差は、冬時間においては12時間と計算しやすいのですが、夏時間になると11時間になります。ブラジル時間21時(東京9時)にMTGと思っていたものが、20時(東京は変わらず9時)にMTGになりますので、ご注意下さい。

iPhone/パソコン/腕時計の調整について

さて、今回サマータイムへの切り替えを経験するにあたり、最も不安だったのが時計の調整です。特に目覚まし代わりに使っているスマートホンの調整は失敗すれば遅刻を引き起こします。

さて、今回実際に経験した時計の調整についてご紹介します。

iPhone

まずiPhoneについて。

結論からいうとiPhoneが自動的に時間を調整してくれるため、人の手で何かする必要はありません。ただし、iPhoneの時刻設定が以下のようになっていること、またインターネット(WiFiでも携帯回線でも)に接続されている必要があります。(設定→一般→日付と時刻)

summer-time-in-iphone

もしこの設定になっていない場合は設定を変えて、自動設定にしておきましょう。

パソコン

こちらもインターネットに接続されていれば自動で更新されます。

インターネット接続によりどの国のどの地域にいるかが自動で検出され、その国の現在の正しい時間に自動調整されます。

腕時計

腕時計は対応が必要なものと不要なもの両方あります。

僕が所持しているチープカシオは対応が必要でした。というのも、対応が不要なのは世界電波時計のみだからです。

電波時計は各地域で出ている電波をキャッチして時刻を自動で調整してくれるわけですが、基本的にこの電波側でサマータイムに調整されています。その電波を受け取った時計は当然サマータイムに対応するというわけです。

ただ、サマータイムになった瞬間に調整されるとは限らないようで、この点は注意した方が良さそうです。

Sponsored
 
関連記事

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします