仙川がここまでおしゃれな街だと知らなかった。買い物もカフェも充実してて超魅力的!

シェアする

先日TOEICの試験を受けるために仙川に行ってきました。

仙川は調布市にある街で、京王線で新宿から約20分とアクセスも悪くないエリアに位置します。

正直これまで駅名は聞いたことがあっても、特に印象もなく、興味を持つこともありませんでした。隣には活気のある商店街で有名な千歳烏山駅があり、反対には調布駅があり、どうしても霞んでしまうのかもしれません。

しかし、実際に訪問してみたところ、なんとまぁこんなにも生活しやすい駅があるのかとびっくりしました。その後も何度も通うようになり、久々に住んでみたい!と惹きつけられた仙川を紹介したいと思います。

Sponsored

仙川の魅力を簡単にまとめると…

スタバ・猿田彦・星乃珈琲が連続して並ぶ

細かいことはそれぞれの項目で説明するとして、次の引越し先になるかもしれないと思ったほどの仙川に魅力を感じたポイントは以下の4つ。

  • 仙川が陸の孤島になっても困らない生活用品店の充実度
  • コーヒー好きの僕にとって天国。喫茶店が謎に多くある
  • ゲーセンと温泉がある
  • 一人暮らしには非常に助かる低水準の家賃

ざっくりとしていますが、要は衣食住すべてにおいて謎の充実を見せており、仙川以外のエリアが宇宙人に侵略されたとしても全然問題ないのではないかと錯覚するほどなのです。

仙川が魅力的な4大ポイント(私的)

生活に必要な店舗は全てある恐るべき充実度

まずびっくりしたのが生活用品店の多さ。

駅から3分も歩いているとクイーンズ伊勢丹が見えてきて、「え、こんなところに伊勢丹のスーパーあるのか」と驚いたのもつかの間、その上には無印良品がある

もう一歩奥に進むと今度は超巨大な島忠ホームズがある。中に入ればDIYグッズから細かい日用品までたぶん無いものは無いくらいに品揃えが素晴らしい。

そして気づいた2階にあるGAPアウトレット

いつも新宿に行くとGAPが40%OFFセールみたいな景気の良い特売を頻繁に行っているのですが、実際に中に入るとそもそもの定価がかなり高くて、40%OFFされたところでたいしたお得感がないのが不満でした。

一方で、仙川にあるGAPアウトレットは恐ろしいほどの安さ。ワイシャツが2千円以下というのは当たり前、ジーパンも2千円切っていたり、ジャンパーが5千円以下ということも。ユニクロをしのぐ安さで、品質も何も問題ないものばかり。

僕もあまりの安さに6点も購入してしまいましたが、合計8千円ほどという驚きの安さ。

主な生活品の店舗は以下の通り。僕はこれだけあれば十分です。

【食料品系】

京王スーパー・西友・いなげや・クイーンズ伊勢丹・カルディ

【生活雑貨】

無印良品・島忠ホームズ・キャンドゥ・セリア

【ファッション】

GAPアウトレット・しまむら・ABCマート・セカンドストリート(中古衣料品)

【銀行】

三井住友銀行(ATMのみ)、東京三菱UFJ銀行、みずほ銀行

休日を優雅に楽しめる喫茶店が豊富で嬉しい

僕は休日になると必ずと言っていいほど頻繁に喫茶店に行きます。

ブログ作業や勉強など気分を換えて落ち着いて何かに取り組みたい時に重宝します。

一方でいつもいつも喫茶店を利用している人間にとって悩ましいのは、同じ喫茶店に行っていると気分転換にならなくなってしまうということ。コーヒーも同じようなものばかり飲んでしまうのです。

その点、仙川には複数の喫茶店があるだけでなく、いい感じに幅が広いんです。安いところもあれば、リッチな喫茶店もある。少し騒がしいところもあれば、とても静かなところもあるのです。

そしてそれらが駅周辺の半径100mも無いエリアにまとまっている利便性の高さ。最高です。

【主要な喫茶店】

スターバックスコーヒー・猿田彦珈琲・星乃珈琲店・ドトール・イタリアントマト・珈琲館・彩茶房・他個人喫茶多数

ゲームセンターと温泉があるから体が休まる

ここはかなり個人的なポイントなのですが、僕は疲れが溜まると温泉に行く癖があります。

仙川駅から南に5分ほど歩いた島忠ホームズの裏側に「湯けむりの里」という天然温泉があります。

自宅ではいつもシャワーで済ませてしまう方が多いと思いますが、僕もその類の人間であるため、定期的に銭湯に行かないと体の疲れが抜けにくいのです。普段は銭湯で良いのですが、たまにはもっと広い温泉に行きたいという思いを抱えており、温泉があるというのは大きな加点ポイントになります。

さらに仙川にあるゲームセンター「アドアーズ」も最高なんです。いえ、アーケードゲームは全くやらないのですが、このアドアーズはダーツマシンがあり、これが一台1時間500円という破格で楽しめます。

友人と一緒に行ったのですが、二人であれば一人1時間250円。無趣味な僕としては外出する十分な理由になりますし、時間つぶしにも最高です。

庶民の味方。家賃がお手頃!

住む場所を選ぶ時の最重要項目である家賃。

毎月有無を言わさず出ていく出費だけに大切なポイントであるわけですが、いくら充実した仙川ライフが送れるとしても家賃が高ければ元も子もないわけです。

仙川の不動産屋に貼ってあったビラをいくつか見てましたが、こんなに安いのかと驚嘆した次第です。ギリギリ23区を出ているところにあるだけでここまで安いのかと感じたのですが、後で不動産検索サイトで見て改めてその安さを認識しました。

隣の千歳烏山で1K7.35万円、1DK8.32万円ですからお得感があります。もちろんこの数値は平均でかなり高いものも含んだ数値であるため、個別に見ると6万円台はもちろん、7万円台も払えばかなり良い物件がごろごろしています。

唯一の弱点は「区間急行しか止まらない」こと。新宿勤務なら無問題だけど。

とりあえず一通り褒めちぎりましたが、一つ問題があります。

それは仙川駅は京王線の区間急行しか停車しないこと。それでも新宿駅まで20分程度なので問題ないのではないかと思われる方もいらっしゃると思いますが、京王線は最近のダイヤ変更によって夕方ピーク時の新宿発列車はほとんどが特急か準特急。

この場合、一番はやく帰れる方法は明大前まで特急に乗り、そこで区間急行に乗り換えるという方法でしょうか。

一方で、新宿から乗り換え無しで帰ろうとすると各駅停車しかないケースもあるわけです。各駅停車になると流石に時間がそれなりにかかることになり、これはいくらかストレスになります。

とはいえ、東京駅近くまで通勤となると少し辛いですが、新宿勤務とか渋谷勤務であればたいした問題にならないかもしれませんね。

近々引っ越し予定もあるため、いい物件に出会えれば仙川に引っ越すことも大いに検討したいと思います。

※いつも引っ越しの時に利用している見積もりサイトです。業者から無駄な電話がなく、見積もりサイトのみとのやりとりで完了するため非常に便利です。

Sponsored
 
関連記事

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします