ブラジル人もびっくりのポルトガル語由来17の外来語

シェアする

日常で私たちが利用している言葉には多くの外来語がありますよね。

カタカナ語の多くは英語ですが、例えばロシア語由来のイクラやアジト、オランダ語由来のランドセルなどちょっとしたマイナー言語から拝借している言葉も意外と多いものです。

そんな外来語ですが、もちろんブラジルの母国語であるポルトガル語由来のものも少なくありません。え、そんな言葉までというものも含まれていって、整理してみると驚くものもあります。

もしお知り合いにブラジル人がいらっしゃったら是非話のネタに使ってみてください。

Sponsored

ポルトガル語由来の外来語17選

ポルトガル語から言葉を拝借している主な外来語は以下のものです。

左から「ポルトガル語」「ポルトガル語の本来の意味」「外来語」です。

  ポルトガル語 本来の意味 外来語
1 capa  カバー  カッパ(合羽)
2 pao  パン  パン
3 Castella  カスティーリャ地方  カステラ
4 zamboa  ザボン  ザボン
5 bando  ギャング  バンド
6 botão  ボタン  ボタン
7 raxa  ラシャ  ラシャ(羅紗)
8 veludo  ベルベット ビロード
9 copo カップ  コップ
10 carta  手紙・カード  かるた
11 vidro  ガラス  ビードロ
12 confeito  糖菓子  金平糖
13 caramelo  キャラメル  カルメラ
14 gibão  肌着・シャツ  襦袢
15 saraça  サラサ サラサ(更紗)
16 temperar 下味をつける 天ぷら
17 tabaco タバコ タバコ

日本語でも普段使わない言葉を調べてみた

意外と漢字を当てはめているものも多い印象です。襦袢など日本古来からありそうなものも実はポルトガル語由来なんですね。

ちなみにいくつかイメージがつかみにくい言葉の写真を置いておきます。日本語でもほとんど使わない言葉だったりしますから。

まずザボン。これはブンタンとも呼ばれる柑橘類の一種です。

zabon

続いてラシャ(羅紗)。毛織物の一種で、最もイメージしやすいものはビリヤード台の天板に貼られているあの緑色の生地。軍服やコートにも使われているそうです。

pool

そしてサラサ(更紗)。Wikipediaより抜粋の説明がこちら。

更紗(さらさ)は、インド起源の木綿地の文様染め製品、及び、その影響を受けてアジア、ヨーロッパなどで製作された類似の文様染め製品を指す染織工芸用語。 英語のchintzに相当する。 日本ではインド以外の地域で製作されたものを、産地によりジャワ更紗、ペルシャ更紗、和更紗などと称している。

sarasa

少しマニアックなものもありましたが、天ぷらやタバコは我々の生活に欠かせない言葉だったりします。

1543年に種子島に鉄砲を伝来させたポルトガル人の漂着から500年弱。その後日本へ伝来した多くのものがポルトガル人によって日本に持ち込まれたことを考えればある意味で当たり前のことかもしれませんね。

Sponsored
 
関連記事

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします