オリンピック会場にポケモン誘致か。リオデジャネイロ市長が任天堂にポケモンGOの配信を依頼 | Brasil Tips(ブラジルチップス)

オリンピック会場にポケモン誘致か。リオデジャネイロ市長が任天堂にポケモンGOの配信を依頼

シェアする

ポケモンGOの人気が高いのか、リオデジャネイロオリンピックが危ういのか。

世間を騒がせているポケモンGOの人気にリオデジャネイロ市長が乗っかり、オリンピックのプロモーションを行うという事態が発生しています。

Sponsored

リオデジャネイロ市長の投稿に市民から歓声

やぁ、ニンテンドー!2016年リオオリンピックまで残り23日だね!世界中からここに人々が来るんだ。あなたも是非いらしてください!

※右下はリオオリンピック公式キャラクターで「彼らはポケモンじゃないよ」とのジョーク

投稿から1日経過時点で、8,000人以上のいいね、4000件近いシェアがされています。

オリンピックまで1ヶ月を切って、ストライキやらジカ熱やら世界から心配されているリオデジャネイロ。

しかし、こうしたおちゃめな投稿にブラジルの陽気さを感じます。心配だけど、心配じゃない!

ポケモンGOとは(公式HPより)

位置情報を活用することにより、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたりするといった体験をすることのできるゲームです。
このゲームはモニターの中だけで完結せず、プレイヤーは実際に家の外に出てポケモンを探したり、他のプレイヤーと出会ったりしながら楽しむことができます。

ブラジルでポケモンGOやってみたら楽しいかも

しかし、この市長の投稿を見るとポケモンって実はブラジルで生まれたんじゃないかと思うほどとてもマッチしている。

アマゾンの中でラフレシアとか海岸沿いでラプラスとか、北東部の工場地帯でマルマインとか。(初期版のポケモンしか分からない)

ポケモンワールドに必要な深いジャングルや綺麗な無人島、広大な草原もあるし、工場地帯も日本の比ではない広さ。

この国の風景の中にポケモンが現れた日にはちょっと感動するかもしれません。

リリースされたらちょっとやってみたいかも。

ポケモンGOはいつブラジルに来るのか

現時点でポケモンGOがプレイできるのはアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドの3カ国のみのようです。

日本については、開発元のアジア統括マーケティングマネージャーの須賀さんが以下のようにコメントしています。

直近の一部の報道では、アジアリリースが今日か明日にはされるのではないかとも言われています。

リオオリンピックまで残り20日少し。もしアジアリリースが今週中にされれば、ブラジルも含めた全世界のリリースもオリンピックまでに間に合うのかもしれません。

Sponsored
 
関連記事

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします