片手操作がおしゃれにできる人気iPhoneケースPalmoを買ってみた | Brasil Tips(ブラジルチップス)

片手操作がおしゃれにできる人気iPhoneケースPalmoを買ってみた

シェアする

iPhoneケースってスマホ選びと同じくらい重要な買い物ではないでしょうか。

日本国内では約7割のシェアを誇るiPhone。歩いても、電車の中でも、レストランでもiPhoneを見かけない瞬間は無いくらいに世の中iPhoneだらけです。

少しでも差別化したいと考えた時にはiPhoneケースのデザインはかなり重要です。一方で、iPhone本来の使いやすさを阻害せず、また割れやすい画面を守るための保護性能も重要なポイントです。

実は僕は長らく手持ちのiPhone6をケースを使わず裸で利用していたのですが、3度も落として画面を割るという失態を繰り返してきたため、最近新しいiPhoneケースを購入することになりました。

Sponsored

GoodDesign賞×片手スマホを実現した機能美が素晴らしいPalmo

今回購入したiPhoneケースはPalmoというケースです。このケース一言で表すならば”機能もデザインも両方を兼ね備えたiPhoneケース”です。

▼iPhone5,5s,6,6 plus,6s plus,SE(9色)

▼iPhone7,7plus(9色)

世の中にiPhoneケースは数多くあるのですが、ほとんどがiPhoneの薄さや軽さを無意味なものとしてしまう分厚いケース。iPhone6以降ただでさえ大きくなったのに、ケースを付けてさらに肥大化させてしまってはスティーブ・ジョブスも涙が止まらないというもの。

一方で、iPhoneといえば画面が割れやすいことでも有名です。いくら強度が増しても、同時に薄型化していっているiPhone画面は落下にめちゃくちゃ弱く、ケースは必須です。

要は薄くて、iPhoneサイズを大きくさせずに、デザイン製が優れた商品が欲しいわけです。

で、その要望に対する解答としてかなり人気があるケースデザインがこれ。

▼表

▼裏

「Tバックパンツ」に例えられるこちらの商品。必要な部分(4つの角隅)のみ保護を強化することで、iPhoneを裸に近い状態で利用することができます。またケース自体は高品質シリコンで作られているため、軽量化も実現しています。

確かにPalmoを装着している状態であれば、どの角度で机上に置いても必ずシリコン部分が机との接地面になります。iPhoneを落とした時にiPhoneが地面に接地しないという当たり前を最低限の要素で実現しているというわけです。

なお、シリコンゴムによる保護性能はアメリカの国防総省(ペンタゴン)の耐衝撃・保護性能米軍ミリタリー規格を取得しており、見た目以上にかなり高い保護性能を保持しています。

さらにはシリコンゴムでできているため、背面のクロス部分に指を挟むことができます。これにより、iPhoneが手元から落ちることを防ぎ、また片手でも画面全体にタッチすることできるようになるのです。

ちなみにこの商品何故かポケモンGoユーザーからの高い支持があるらしいです。指を挟むだけですから長時間持っていても手が疲れにくいというのが理由なのでしょう。

実際に利用してみて気づいた長所と欠点

商品というのは実際に使ってみないと分からないことも多く、購入してから既に2ヶ月近く経過してみて色々と感じることがあります。

長所

iPhoneの操作性が全く損なわれない必要十分な外枠

これは本当にすごいです。

iPhoneを通常持っている時の支点である左側と右側はiPhoneそのものであり、下部についてもほとんど枠の感覚がありません。iPhoneケースを使っていると感じさせない軽さと薄さは間違いなく最強です。

片手スマホは伊達じゃない。電車内で活躍してくれる

背面に指を通してスマホを支えるというコンセプトは実際に利用してみると面白いです。

通勤電車で動画サービスを楽しんだりする際には、手に力を入れる必要がないため、かなり疲れにくいと思います。

かなりの人に気づいてもらえるデザイン

購入してから多くの友人・知人に「そのケース面白いね」「可愛いね」と声をかけられるようになりました。

個人的にはそこまでデザインに対するこだわりはなかったものの、かなり目立つデザインであるようです。グッドデザイン賞受賞の実力は間違いないようです。

欠点

指を入れるのは結構面倒くさくなる

Palmoでは背面に指を挟む時、両手を使わなくてもいけません。

メールや時間をちょっと確認したい時にポケットからiPhoneを取り出して、わざわざ両手を使って指に装備するのはかなり面倒です。

電車内で立ちっぱなしの際に利用するのは良いのですが、思っていた以上にはこの「指挟み」の利用機会は多くありません。

1ヶ月ほどでゴムが伸びる

これはAmazonレビューにもあった意見ですが、シリコンゴムに指を挟んでばかりいると間違いなくゴムが伸びてきます。

そもそもPalmoの初期状態はゴムが少しきつ過ぎるのですが。

ゴムが伸びてきても指挟みは利用できるのですが、背面のクロス部分はiPhoneの上部と下部をつなげる支柱でもありまして、ここが伸びるとケースそのものがゆるくなります。

個人的には許容範囲内ですが、ポケットから取り出すとたまにケースが外れてしまうことがありまます。指挟みをあまり利用する予定のない人は、最初からただのケースとして利用した方がゆるくならないと思います。

いくらかの欠点はあるけれどiPhoneが史上最も使いやすいケースだと思う

ケースがゆるくなるというのは残念な点ではなりますが、可能な限りiPhoneを裸で使いたいけど仕方なくケースが必要だという方にはPalmoは非常におすすめできるケースだと思います。

僕も当面利用していく予定ですが、念には念を入れて、画面に強化ガラスも併用しています。シリコンゴムで吸収した衝撃をさらに画面のガラスから開放することでさらに安心して利用できます。

■バリエーションがかなりあります。お好みのケースをどうぞ■

▼iPhone5,5s,6,6 plus,6s plus,SE(9色)

▼iPhone7,7plus(9色)

▼くまモン限定モデル

▼ウルトラマン限定モデル

▼K1佐藤嘉洋モデル

Sponsored
 
関連記事

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします