ロリポップ・モジュール版PHPは評判以上!表示時間は2.4倍高速化!

シェアする

ロリポップはかれこれ6年くらい利用しています。

現在ロリポップで運営しているサイトはこのブログと個人的に関わっているあるプロジェクトの2つ。当サイトは開始からまだ半年程度なので、長らく個人的なプロジェクトのためだけにロリポップ!のライトプラン(旧ロリポプラン)を利用していました。

たった一つのサイトしかも簡易的なサイトであったためこれまで全く不満はなかったのですが、このサイトでWordpressテーマをいじったり、プラグインを色々と入れるようになってからサイトの表示速度が遅くなっていました。

特にモバイルからのアクセスが遅く、さらにはブラジルの低速回線(それでも10M以上出ていた)からのアクセスでは何かとストレスの溜まるサイトになってしまいました。その影響のせいかユーザーあたりのPVも毎月現象の一途を辿ってしまいまして、これはそろそろ対策が必要だということで今回ロリポップのプラン変更に至りました。

切り替え当初かなり早かったのですが、時間の経過と共にどんどんどんどん遅くなっていきました。最初だけ調子良いのはロリポップの得意技なのか。そういうわけで話題のMixHostに移転しました。詳しくは以下の記事をどうぞ。

MixHostへ乗り換えた5つの理由。ロリポップに疲れ果てているあなたに。
ロリポップのWordPress運用が重いので、MixHostで速度向上を実現した
ロリポップからMixHostへのサーバー移行したよ!プラグイン不要の移転方法を画像付きで説明!

Sponsored

ロリポップのライトプラン/スタンダードプランの違い

これまで利用していたライトプランとスタンダードプランの主な相違点は以下の通りです。

lolipop-plan

容量については当初から最大キャパの1割も利用していませんでしたし、ドメインを50個も利用する予定もありませんでした。また転送量が60GBも必要なほど大量のPVがあったわけでもありませんでした。電話サポートも利用しようと思ったこともありません。

そんな中で僕にとって大きなポイントは「モジュール版PHP」。

ロリポップが昨年満を持してリリースした新たなサービスです。従来比最大37倍のスピードアップを成し遂げたらしいです。

lolipop-speed

もちろんスタンダードプランの検討以前にキャッシュを利用したり、CSSやJavascriptの圧縮なども試みましたが、それでもGoogleのPageSpeedInsightsでサーバーの応答速度が遅いという注意が残り、毎月の料金は2倍になる(それでも500円だけど)ことを覚悟してプランの変更に取り掛かりました。

ロリポップ/モジュール版PHPの導入方法

これまでロリポップのライトプランを利用していたので、まずはスタンダードプランへの変更です。

まずはメニューの「契約・お支払い」→「プラン変更」。

lolipop-contract

ここで次回契約更新までの残月数が表示されます。残りの期間の差額をここで確認して、支払手続きなどを済ませます。

lolipop-contract2

支払手続きが完了してロリポップから契約変更確認メールが届くと、その後5分程度サイトがダウンします。残念仕様でサイトにアクセスすると404ページへ飛ばされますが、エラーが起きているわけではないので冷静に待ちましょう。

さて、プラン変更が完了しても自動でモジュール版PHPに切り替わるわけではありません。

メニューの「WEBツール」→「PHP設定」に移動します。

php-module

ここで各種サイトのPHP設定を変更します。所有サイト全てを変更しても問題ない場合は「すべてのドメイン」で一括変更が可能です。

php-module2

これでモジュール版PHPの導入は完了です。

モジュール版PHP導入の効果。体感速度もかなりアップ!

さて、モジュール版PHPの導入の効果ですが、正直想定していた以上に十分なものでした。

GoogleのPage Speed Insight とGT Metrixの変化は以下の通り。

Page Speed Insight

ー変更前

pagespeed1

pagespeed2

ー変更後

padespeed-after1

padespeed-after2

GT Metrix

ー変更前

gt-metrix

ー変更後

gtmetrix

各数値はぐぐっと伸びました。かなり大満足です。

課題であった表示速度ですが、GT Metrixで9.2秒→3.8秒まで減少。数値のみならず体感速度についても2テンポくらい待ち時間が減ったのがわかりました。

特にモバイルの方はかなり待ち時間があったものが、一息ついたらすぐに表示されるまでに高速化しまして、日に日に高まるモバイルアクセスへの対応という点でもプラン変更に踏み切って良かったと思います。

各スピードテストの数値への反映まではプラン変更後いくらか時間を要しました。すぐにテストした際にむしろ表示速度が遅くなってしまったりしました。一晩寝てから諸々確認してみた方がいいかもしれません。

参考 ロリポップ!

こちらの記事も一緒にご覧ください

MixHostへ乗り換えた5つの理由。ロリポップに疲れ果てているあなたに。

ロリポップのWordPress運用が重いので、MixHostで速度向上を実現した

ロリポップからMixHostへのサーバー移行したよ!プラグイン不要の移転方法を画像付きで説明!

Sponsored
 
関連記事

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします