訪日外国人も海外生活者も便利な新幹線フリーパス”JAPAN RAIL PASS”

シェアする

日本に旅行に行きたいというブラジル人の友人から先日相談を受けて、日本の新幹線について調べていたところ、面白い乗車券を見つけました。

その名も「JAPAN RAIL PASS」(ジャパンレールパス)。訪日外国人に向けた外国人専用の新幹線のフリーパスです。

日本で外国人が比較的多いエリアに住んでいたのですが、JRの駅で確かにこんな広告を見た気もします。

最近では東京や大阪以外の情報が海外に広まり、地方へ遊びに行きその土地の文化に触れたいという方もいらっしゃると思います。

もしご友人が海外から遊びにくる際には是非この「JAPAN RAIL PASS」を紹介してあげて下さい。

Sponsored

JAPAN RAIL PASS(ジャパンレールパス)の使い方と注意点

「JAPAN RAIL PASS」はJR6社が共同運営しているJR路線乗り放題乗車券の通称です。

九州から北海道まで各地域のJR路線はほとんどが利用できるということで、何かと交通費のかかる日本を旅行する際には非常に便利なパスです。

ただし、注意しておかなければいけない点も少なくなく、手続き方法などに必ず目を通すようにしましょう。

対象者

「JAPAN RAIL PASS」の対象者は以下の通りです。外国人のみならず、日本人も一部の条件に当てはまれば利用できます。

外国人

短期滞在目的で入国している方。

ただし、観光目的の方のみが対象で、ビジネスや研修目的でビザを取得している方は不可。いわゆる観光ビザにて入国している方のみ。

日本人

海外に居住しており、以下のどちらかに該当する方。

  • 居住国に永住権を保持している
  • 外国人と結婚している

16.11.15追記

海外在住日本人については2017年3月31日の引換証発売を持って終了となりました。詳しくは以下のJR資料をご覧ください。

http://www.jreast.co.jp/press/2016/20161108.pdf

利用可能なJRな路線

利用可能な路線は以下の通りです。新幹線以外に普通路線やバス、さらにはフェリーも利用できます。

電車 JRグループ全線-新幹線(「のぞみ」号・「みずほ」号(ともに自由席を含む)を除く)、特急列車、急行列車、快速列車、普通列車及びBRT(一部利用できない列車があります。)
バス

JRバス会社の各ローカル線(一部のローカル線は除く。乗車できる路線は変更になることがあります。また高速バスは除く。

JRバス会社= JR北海道バス、JRバス東北、JRバス関東、JR東海バス、西日本JRバス、中国JRバス、JR四国バス、JR九州バス

フェリー JR西日本宮島フェリー〔宮島-宮島口〕のみ。

ただし、過去には利用できていた路線が使えなくなることもあったりするようですので、旅程を組まれる前には必ず確認するようにして下さい。

料金

料金はパスの利用日数により異なります。

種類
グリーン車用
普通車用
区分
おとな
こども
おとな
こども
7日間
¥38,880
¥19,440
¥29,110
¥14,550
14日間
¥62,950
¥31,470
¥46,390
¥23,190
21日間
¥81,870
¥40,930
¥59,350
¥29,670

思うに激安です。東京と大阪をひかりで往復しただけで2万5,000円は超えるわけで、東京を数日楽しんだ後に1週間かけて大阪や京都、奈良を通って名古屋に寄って戻るだけで元が取れそうです。

注意事項

お得感が強い分ルールも少なくありません。以下は最低限押さえておくことになりますが、その他についても公式ページを確認されるようにして下さい。

事前に国外での購入が必要。また国内でパスに交換後利用可能

JAPAN RAIL PASSは日本国内で購入することはできません。海外の指定旅行代理店等で購入することになります。代理店については以下のページをご覧ください。

HP JAPAN RAIL PASSの購入から利用まで

また海外で購入するものは飽くまで引換券ですので、入国後にパスへの引き換えが必要となります。引換所は以下に記載されていますが、引き換えにより利用可能となりますので、新幹線への乗車が必要なタイミングになってからの交換で十分でしょう。

HP JAPAN RAIL PASS引換所

16.11.15追記

平成 29 年3月8日よ り平成 30 年3月 31 日まで、試験的に以下の場所に限り国内でもJAPAN RAIL PASSが発売されます。

札幌駅、仙台駅、新潟駅、東京駅、新宿駅、横浜駅、名古屋駅、大阪駅、広島駅、高松駅、 博多駅、新千歳空港駅、成田空港駅、空港第2ビル駅、東京モノレール羽田空港国際線ビル駅、 関西空港駅

指定席の予約は都度必要

JAPAN RAIL PASSは指定席新幹線への乗車も可能です。

ただし、指定席に自由に乗れるわけではなく、事前に指定席券の予約が必要です。緑の窓口で引き換えができますので、忘れずに行いましょう。新幹線によっては自由席がない場合もありますので。

JAPAN RAIL PASSはどのくらいオトクなのか

さて、JAPAN RAIL PASSを利用する際にそもそもパスを購入するべきか、それとも単発で購入するべきかという問題があるでしょう。

例えば大人の普通乗車券であれば以下のような料金です。

期間 料金 1週間あたり
7日間 ¥29,110 ¥29,110
14日間 ¥46,390 ¥23,195
21日間 ¥59,350 ¥19,783

1週間あたり上記の分だけ移動する予定であればペイするわけです。

それでもって主要都市から各都市への片道移動費用は以下の通り。

駅名 東京 大阪 名古屋
札幌 23,270 32,400 30,180
新青森 16,870 26,110 26,250
盛岡 14,140 23,300 21,080
秋田 16,810 26,250 24,030
仙台 10,390 21,390 19,170
山形 11,030 21,830 19,930
新潟 10,720 21,390 19,170
名古屋 10,580 6,180
高山 13,300 10,310 5,870
金沢 13,170 7,440 8,280
大阪 13,750 6,180
岡山 16,160 5,660 10,380
広島 18,050 9,950 13,430
博多 21,720 14,590 17,530
熊本 24,750 18,320 20,450
鹿児島中央 28,030 21,600 23,730

3週間かけて北海道から大阪あたりまでの主要都市を回るようなプランであれば非常にオトクそうです。殆どの場合東京‐大阪の往復くらいはするでしょうから、加えて各週に周辺の都市を1つか2つ回れば額面以上の利用になりそうです。

もちろん旅程をパスに合わせて決めるというのは本末転倒だと思いますので、行ってみたい場所を見据えた上でパスの利用を検討してみるというのが良さそうです。

Sponsored
 
関連記事

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします