シェアする

海外ユースホステルの探し方。ドミトリーや朝食など5つのポイントを抑えよう

hostel-capture

ユースホステルを普段使い慣れていない人にとって、多くあるユースホステルの中から良いホステルを選ぶのは中々難しいものです。

最近ではインターネット上に様々な情報が溢れていて、ホステルを何度も経験している人にとっては問題ありませんが、初心者には何を基準に選べばいいのか分からないことも多いでしょう。

不肖ながら様々な国でホステルを利用してきた中で、何度か失敗もしてきましたので、個人的な経験も踏まえてホステルを選ぶ時に何が判断軸になるか少し解説してみたいと思います。

▼ユースホステルの予約方法や利用方法は以下の記事をご覧ください。

初めてでも安心!海外旅がぐっと広がるユースホステルの予約、宿泊方法
僕は一人で海外旅行へ行く時はもうホテルとか泊まらないです。まったく。 欧米はもちろんのこと、途上国に行っても首都であればホテルの金額は決し...
Sponsored

ユースホステルを選ぶ時に見るべき5つの基準

まず最低限確認が必要なものは以下の5点です。

①男女専用ドミトリーの有無

hotel-room

まずドミトリーが男女共用になっているかどうか。

ほとんどのホステルが複数の部屋を持っており、それぞれ男性専用、女性専用、男女共用と部屋の種類が異なります。

男女共用しか持っていないホステルもあれば、女性専用と男性専用に分けているホステルもあります。

また女性専用は予約が埋まっているけど、男女共用は空いているといったこともあります。異性と同じ部屋は気になるという方は注意して下さい。

②朝食

サンパウロ市内のホステル”Mooca Hostel Atlântica”にて

朝食についてもホステルによって異なります。

ブラジルではほぼ全てのホステルで朝食提供がありますが、その内容は様々です。パンとジャム程度の朝食の所もあれば、ハムもフルーツも山盛りといったところもあります。

予約サイトの投稿写真などで朝食の様子が確認できると思いますので、朝食の有無と共に確認するようにしましょう。

③ロッカーの有無

これは必須です。

外出時に置いておきたいパソコンやら少し高価なお土産品などは、ルームメイトに盗まれる可能性はゼロではありませんから。

これまで宿泊してきたホステルの中でロッカーの無いところはありませんでしたが、発展途上国の安宿などではない場合もあるようなので、こちらも忘れずに確認しておきましょう。

④Wi-Fi

このご時世ですから、Wi-Fiはどこでもついています。念のため確認は必要ですが、途上国のよっぽど奥地にでもいかなければWi-Fiのないホステルは無いと思います。

一方で、Wi-Fiが付いているというだけでは少し不十分だと思います。

というのも、日本ではどこでも超高速回線を利用できるのが当たり前になっていますが、海外では(いわゆる先進国を含めて)そうではありません。

同じ地域でも契約しているインターネット回線によって天地の差があったり、Wi-Fiに無頓着なオーナーだと不安定なネット回線でもほったらかしている場合があります。

ここらへんの使用感についてはExpediaのクチコミなどを参考にするようにしましょう。

⑤共用ラウンジ

hostel-savassi-rounge

ベロオリゾンテにて。このように洒落たホステルが最近多くなっています。

個人的に重視しているところです。

20代でも一日中ずっと観光地を巡るというのは辛いものです。コト南米諸国の夏においては本当に暑さに参ってしまいます。

そんな時はホステルに戻って一休みしたり、情報収集をしたりということもありますが、ドミトリーの部屋は飽くまで横になる所で、くつろぐという感じではありません。

そのため共用ラウンジの存在が結構重要です。

集中して作業したい場合などに重宝しますので、ホステル選びの基準の一つとしています。

不安な点はクチコミをしっかりと確認しよう。英語はGoogle翻訳で十分

さて、まずは上記に挙げた情報でしっかりとホステルを絞りましょう。その上で最終的に予約するホステルを決める上ではやはりクチコミを参照する必要があります。

海外のホステルの場合どうしても日本語でのレビューは少ないため、英語レビューをしっかりと見る必要があります。

ここでは「スタッフの対応」「シャワーの使い勝手」「布団の提供」などを確認しておきましょう。

スタッフは教育が行き届いているところは受付時の説明をしっかりしていて、観光に関する質問などもしっかりと対応してくれます。こうした経験は皆レビューに書き込んでいるものです。

シャワーは場所によってはチョロチョロしか出ないところがあったり、温度が低かったり、メンテナンスが不十分なことがあります。

また布団についても、羽毛布団を提供してくれるところもあれば、薄いタオルケット1枚というところまであります。ブラジルのように昼は暑くても、夜はかなり冷え込むようなところもあります。布団が不十分でない場合、事前に温かい洋服等を用意しておく必要があったりしますので、個人的には重要な要素です。

なお、英語が苦手な方もいらっしゃると思いますが、Google翻訳を使えば日本語への翻訳は簡単です。直近のアップデートにより翻訳精度がかなり高まっておりますので、9割は理解できると思います。

▼ホステルの予約方法や過ごし方については以下の記事を参考にして下さい。

初めてでも安心!海外旅がぐっと広がるユースホステルの予約、宿泊方法
僕は一人で海外旅行へ行く時はもうホテルとか泊まらないです。まったく。 欧米はもちろんのこと、途上国に行っても首都であればホテルの金額は決し...
Sponsored

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします