シェアする

航空券検索サイトGoogleFlightsを使うべき3つの理由

Basic RGB

皆さん、航空券を購入する時どこで購入していますか、

インターネットにあまり馴染みが無い方や人に任せた方が楽だという方々は旅行代理店の窓口でしょうか。

いつも利用しているWeb上の代理店で航空券を安く購入されている方もいらっしゃるてことと思います。

でも、やっぱり安定して安く航空券を購入できるのはSkyscannerです。

日程も、時間帯も、経由地や航空会社も好きな様に選択して航空券が購入できるため、操作さえ覚えてしまえば最もオススメの航空券検索サイト。

Skyscannerってこの業界では古参で様々な改善を重ねて作られているため本当に使い勝手がいいんです。

でもIT界の巨人Googleが提供しているGoogleFlightsって知っていますか?

近年始まったGoogleによる航空券検索サイトで、Skyscannerとは少し異なる特徴を持っており、なかなか面白いサイトなのです。そんなGoogle Flightsを利用するべき3つの理由を説明します。

Sponsored

理由1:航空会社のサイトで検索が必要ない

何を言っているんだ!と思った方はたぶんSkyscannerを既に使ったことのある方でしょう。

もちろんSkyscannerでもほとんどの場合、代理店と同様に航空会社が提示する航空券の金額も検索結果に反映されています。

しかし、航空会社によってはSkyscannerのサイト上では以下のように表示されることがあります。

GOL公式サイトの金額は表示されておらず、サイトに自分で行ってねという

GOL公式サイトの金額は表示されておらず、サイトに自分で行ってねという案内

さらに困るのが、表示されない航空会社の運賃の方が安いということがあるんです。もちろん「次へ」のボタンを押せばすぐに公式HPに飛ぶのですが、うっかり見落とすと本当の最安価格に気づかずに航空券を購入してしまう可能性があります。

販売代理店との提携力はやはりSkyscannerには勝てないものの、航空会社が直接販売している航空券の価格を調べてくれるGoogleFlightsは一緒に調べておくべきサイトなのです。

理由2:WiFiの有無が一発で分かる

最近は飛行機の中でもそれなりの金額でインターネットができるようになりました。

長時間フライトの場合は、インターネット環境があるかどうかは我々現代人にとって超重要問題です。

GoogleFlightsでは以下のように検索結果にWiFiが使える便かどうか教えてくれます。

gf3

アンテナが3本あるものはの航空券は往復ともにWiFiが使えて、アンテナが半分のものは往路復路のどちらかだけ、アンテナマークがないものは往復ともにWiFiサービスがない飛行機になります。

理由3:いつ出発していつ帰国すればいいか教えてくれる

Google Flightsでは以下のように出発日と帰国日の候補の組み合わせによる往復金額を一覧で表示してくれます。

前後日程に余裕があって、少しでも安く移動できる航空券を探しているという方には非常に便利です。

gf1

実はこれと同様の機能はSkyscannerでも利用できます。

しかし、Skyscannerでは往路の日程と復路の日程を一つ一つ選択して、その合計値が表示されるのに対して、GoogleFlightsでは前後日程の組み合わせを自動で計算して一覧にしてくれるのです。

そんなわけで・・・やっぱり切り捨てることができないGoogleFlights

なんというかGoogleのわりに惜しいんです、このサービス。

間違いなくSkyscannerがまず使うべき検索サイトでして、でも若干足りない部分があったりしてGoogleFlightsが補足してくれるというイメージです。

別にGoogleFlightsを使わなくても困らないんですが、これを全部捨てるというわけにもいかないわけでして。当面は両方を併用するといい旅が楽しめそうです。

参考  Skyscanner GoogleFlights

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします