海外通貨に両替するなら現地銀行へ!ATMでレアルを引き出す方法を徹底解説 | Brasil Tips(ブラジルチップス)

海外通貨に両替するなら現地銀行へ!ATMでレアルを引き出す方法を徹底解説

シェアする

旅行にしても、長期滞在にしても現地通貨をどう持ち歩くかは大きな問題。

日本でドルに交換して、現地についてからレアルに両替する方が多いかもしれませんが、為替手数料や大金を持ち歩くリスクを考えると止めた方が良いでしょう。

というわけで、今回オススメするのはクレジットカードによる海外キャッシングを利用する方法です。

ご存知の方も多いかもしれませんが、多くのクレジットカードには「海外キャッシング」の機能が付いています。この機能を使いこなせば、海外にいても日本と同様に必要なときに必要なだけATMから引き出すことができるようになりますので、是非みなさん活用してみてください。

ブラジルについて解説をしていますが、クレジットカードの方が手数料等含めて安いのはほぼ世界共通です。ブラジル以外に旅行される方にもATM画面などはある程度参考になると思います。
ブラジルにおけるレアル両替全般については以下のページも併せてご参照下さい。ブラジル国内事情についても記載しております。
http://brasiltips.com/exchange/
最近、両替後に強盗に襲われるという事例が非常に増えています。この中には多くの日本人が含まれています。両替したお金は分散して持つ、可能な限り人の多いところを通る、高級ホテル前に長く滞在しないようにご注意下さい。

特にサンパウロ・リベルダージの旅行代理店における両替は強盗が目を付けており、多くの日本人が強盗被害にあっています。旅行者はクレジットカードでのキャッシングをするなど、現地の人に馴染むような行動をした方が良いと思います。

Sponsored

ブラジルはクレカ天国。そもそも現金はあまり必要ありません

例えば旅行で10万円を使う予定があるとしましょう。ホテル代や食事代、現地での交通費におみやげ代。現地ツアーにも参加したいですね。

このうち、本当に現金が必要なのは地下鉄や市バスなどの交通費くらいです。他はほとんどクレジットカードで事が済みます。

スーパーも、レストラン(割り勘も対応してくれます)も、ほとんどがクレジットカードが使えるんです。

間違っても10万円分をドルで用意して、現地で両替しようと考えないで下さい。

そんな大金を持って強盗に会った日には悲しくて旅どころではなくなります。

その上、両替をした場合には「円→ドル」「ドル→レアル」と2回手数料がかかります。そしてなんといっても手数料が高い。「円→ドル」だけでも1ドルあたり3円近く(1ドル100円であれば3%)も手数料で持って行かれます。

これがクレジットカードであればほぼ実行レートに対してクレジットカード会社手数料1.63%程度(年率利子の1ヶ月分)が原則なので、クレジットカードの方がいかにお得か分かります。

しかしながら、いくらかは手持ちで持っておきたいものです。

そんな時もドルの持ち込みではなく、現地ATMを使ってクレジットカードに付帯しているキャッシング機能を使えば、現地で簡単に現金が入手できます。そして、クレジットカードの引き落としと同時にキャッシング分も口座から引き落としてくれます。

写真解説付き、ブラジルATMでのキャッシング方法

まず最初に確認しておくこと

あなたのクレジットカードについて
  • ご自身のクレジットカードにキャッシング枠があるかどうか確認しておきましょう。ほとんどの場合問題ありませんが、ごくたまに海外キャッシングは対象外のカードがあるようです。
  • また引き出し可能枠についても同様に確認しておきましょう。
銀行ATMについて

brazilatm

  • 画像右にある通り、「Visaplus」マークが目印です。ブラジル国内の主要銀行ほとんどで引き出しが可能です。たまに使えないATMもありますが、気にせず近くの別の銀行に行きましょう。
  • Banco do Brasilは使えないことが多数ありました。
  • 銀行によって、さらに銀行の支店によって、クレジットカード会社に支払う216円のATM手数料とは別に20レアル(約600円!)を請求してくるATMがあります(手続き途中で表示はされます)。時間に余裕があれば他の店舗も行ってみましょう。
  • 銀行によって、さらに銀行の支店によって、さらにさらに同じ支店でも日によって、引き出し可能額が異なります。これは既に引き出している額によって変動するのかもしれませんが、上記手数料を払うにしても、可能な限り大きな金額で下ろしたほうが効率はいいです。(上限は200レアルから1,000レアルまで経験しています)

2016.7.3追記

引き出し上限額は飽くまでも1回あたりだったようで、複数回に分ければそれなりの金額の引き出しが可能でした。1日に800レアル×2回連続で引き出しましたが、すんなり進みました。

2016.7.22追記

最大引き出し可能額は銀行の支店の規模にも影響されているように感じています。手数料がもったいないので、規模の大きな店舗でキャッシングをするようにしましょう。

ATMの画面をすべて公開!ポル語がなくても、ATMキャッシングは簡単です!

1.ATMにカードを差し込んで待機

右下にあるカード差し込み口にカードを入れる。ICチップがある場合はそちら側を挿入。

brazilatm1

以下のようにしばらく待つように指示が出来ます。

brazilatm3

2.しばらくするとカードを抜くように指示が出る

この画面が出たら一旦抜きます。通常の銀行ATMモードから国際キャッシングモードに移行します。

brazilatm2

以下の画面により、国際キャッシングモードに入りました

brazilatm4

3.キャッシング画面

①言語を選択

英語で良いでしょう。

brasilatm5

②カードを再度挿入

ここでもう一度カードを入れます。

brazilatm8

③「VISACREDIT」を選択

brazilatm9

④「Withdrawals」(引き出し)を選択

brazilatm11

⑤「Credit Card」を選択

brazilatm12

⑥パスワードを入力

クレジットカードと同じパスワードを入力します。(通常は4桁のはず)

brazilatm13

⑦金額を選択して終わり!

ここでようやく金額の選択です。今回はハズレだったのか最高金額がたったの200レアル(約6,000円)

brazilatm15

どの銀行もほぼおなじ手続き方法。夜間の引き出しはご注意を

今回はSantander(サンタンデール)銀行で引き落としましたが、他のItau、Banco do Brasil、Bradescoともにほぼ同じです。

冒頭にも記載していますが、ほんとうにきまぐれなATMなので、一つが上手く行かなくてもすぐに他の銀行やATMに行ってみましょう。

また空港内のATMでも引き出しができますので、極論を言えばドルは一切持って行かなくていいことになります。

なお、夜間のATM利用はご注意を。利用する人もまばらで目立つため、付け狙われる可能性が高くなると思います。

でもこうして使ってみれば「現金の持ち合わせが足りなくなりそう」なんていうストレスから開放されますね!

Sponsored
 
関連記事

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします