【レポート】ブラジルのサーバー・ドメインを現地企業から購入したよ

シェアする

別の記事でもご紹介したように、現在ブラジルで新たな超スモールビジネを立ち上げています。

企業向け無料WordPressテーマ3選。事業を立ち上げようとしている僕が選んでみた
実は最近こちらで少し起業のお手伝いをしているショヘルです。 詳細はまだお話するような内容ではないのですが、全くのゼロからビジネスを立ち上げ...

そもそもワードプレステーマの選定よりも前に実はサーバーとドメインの取得が必要でして、ここ最近日本のサーバーをそのまま使おうか、現地サーバーを契約するべきか、ドメインは何にするべきかと考えていました。

このブログを運営しているサーバーを利用するのも一つの手ですし、ドメインも日本のドメイン販売サイトから◯◯.comみたいなものを購入するのも方法としてはありです。日本のサイトで調達できるサーバーとドメインでブラジル人向けのサイトを作成することは難しくありませんから。

しかしながら、友人達にヒアリングした内容も考慮した時にやはり現地のサーバーと現地のドメインを取得して運営した方が良いだろうという結論に落ち着きまして、面倒くさいけどちょっと頑張ってみるかと重い腰をあげてみました。

Sponsored

海外のサーバー・ドメインを購入する理由

海外サーバーを利用する理由

これはブラジルと日本の距離の問題です。

いくらインターネットが高速な時代とはいえ、日本にあるサーバーに海外から、それも地球の真裏にあるブラジルからアクセスするというのは流石に時間がかかります。

せっかく僕のサイトに来てくれたのにも関わらず、ページが遅かったり、ダウンロードが上手く出来ず画像が表示されなかったりしては「この会社大丈夫かな?」と思われてしまうでしょう。

ちなみに僕はこのブログをロリポップで運営しています。こちらのサイトによるとロリポップのサーバーはやはり日本国内にあるようです。やはり既存のロリポップサーバーに新たなサイトを置くのではなく、ブラジルに新たなサーバーを設置することが賢明と言えます。

海外ドメインを利用する理由

僕なりにブラジルのいくつかのホームページを見てみて思ったのは、基本的にどこのサイトも「◯◯.com.br」のドメインであるということ。

ブラジル人の友人たちに聞いてみても「.com.br」が一番安心感があるとのことでして、日本人が「.co.jp」や「.com」のサイトに一定の信頼感を置いているのと同じです。

「.com」でさえも何となく違和感を持つようで、いくらか費用はかかっても「.com.br」を取得するべきであると判断しました。

たぶんここらへんは海外向けのサイトを作られている本職の方からすると当然のことだと思います。

海外ドメインを日本語で購入すると高い!

どうしてここまでくよくよ悩んでいたかというと、日本語のサイトでブラジルドメインを購入しようとすると信じられない金額がかかることを知っていたからです。

例えば、こちらの海外ドメイン販売サイトで「.com.br」ドメインを購入しようとするとなんと年間で24,840円もするではないですか!僕のサイトドメインなんて年間1,000円少しだというのに。

もちろんこんな法外な値段なんか払えないわけで、もし問題ないのであれば日本サイトで購入できるドメインでもいいかなぁと思っていたのです。サーバーにしても、そこまで問題ないのであれば、日本のサーバーに相乗りさせてしまおうかと思っていました。

しかしながら、結局上述の通り、やはりブラジルのドメイン・サーバーを用意するべきだと腹をくくってトライしました。

ブラジルでのサーバー・ドメイン契約をしてみた

前段が長くなってすいません。

さて、そういうわけで現地で知り合ったプログラマーの日系ブラジル人に助けてもらいながら、実際にこちらの企業からサーバーとドメインを購入してみました。

今回購入したのはこちらの企業のサービス。いわく現地のIT関係の友人達の中で最近人気のサービスらしいです。

HP LOCAWEB

料金・容量・サービス内容

こちらの企業ではサーバーとドメインをセットで販売しています。

locaweb

僕が契約した時点で1レアル=31円~33円の間です。最も安いプランで月750円くらいでしょうか。2年目からは1,000円弱になり、年間1万円強のコストがかかります。この時点で「以外とコストかかるのね」と思われた方。

なんとこのサービスは”データベース容量が無料”というびっくりするようなサービス内容なのです。

規定されているのはメールアドレスの数と各メアドあたりの容量のみ。サイト自体はがばがば利用できて、サイトの数も無限に放り込めます。ドメイン費用も込でこの値段であれば非常に助かります。

またWordpressの簡単インストールにも対応していますので、僕のようにWordpressを使ってサイト運営したいという方も簡単に始められます。

今回はこのうち最も安いHOSPEDAGEMⅠを契約することにしました。

契約方法

上記サイトの各契約プランにある「CONTRATE」をクリックすると以下の様な画面に入ります。まず自分が希望するドメインを入力して使用可能かを確認します。

locaweb2

問題なければ以下のような画面になります。

ここでCPF(ブラジルの納税者番号)が求められます。僕はパートナーの方が保有していたのでその番号を入力しました。ブラジルに全く縁の無い方だとここが壁になってしまいますが、もしブラジル人の友人がいれば拝借できるかもしれません。

locaweb3

ここをクリアすると次に個人情報の入力画面に映ります。各項目の入力内容は以下の通りです。

なお、ここでもCPFの入力が求められる他、ブラジル人であればRJと呼ばれる個人識別番号か外国人であればRNE(外国人登録番号)の入力が求められます。これもまたブラジル人の友人や現地にパートナーがいないと厳しいです。

ここまで進めば最後にクレジットカードの支払いをして終わりです。

まとめ

ブラジル、または中南米向けにサイト作成される方に与すればと思い簡単ではありますが、契約方法の解説を行いました。

CPFやRJ(またはRNE)といったブラジル政府から発行される登録証がなければ契約できないというハードルはあるものの、このようなサイトを契約される方であれば誰かしら友人や知人がいらっしゃると思います。

そうした方に助けてもらいながら進めていけばそこまで大変ではないですし、費用もぐっと抑えることができますよ。

Sponsored
 
関連記事

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします