コンドームのAmazon広告を記事に入れたらGoogleから警告を受けた話

シェアする

サイト運営者やブロガーにとってGoogleは絶対に敵に回したくない存在ですよね。

検索ページからの流入がなければ陸の孤島の如く自分のサイトの価値が失われますし、せっかく読者が多くいてもお手軽に導入できるGoogleアドセンスを利用することができなければサーバー代もままならないわけです。

読者にとっても運営者にとっても現代の神のようなGoogle様ですが、先日恐ろしいあの通知を受け取ってしまったのです。

Sponsored

コンドームの啓蒙活動記事なのにGoogleから受けた警告

今回Googleさんから警告を受けた記事はこちら。

なぜリオ・オリンピックで過去最高900万のコンドームが配布されたのか
今年のリオ・オリンピックまで残り1ヶ月のブラジル。 そんなブラジルにこんなニュースが舞い込んできました。 ブラジル政府は性感染症の予...

今年オリンピックに絡んで書いたコンドームニュース。

ブラジルのコンドーム配布の歴史とブラジルの社会背景等をまとめたこの記事で御座いまして、一重に真面目をモットウに書いたのです。

そしたらGoogleからこんなメールを受け取りました。

AdSense プログラム ポリシー遵守のため対応が必要な状態です

お客様の AdSense アカウントは AdSense のプログラム ポリシーに準拠するよう修正していただく必要がありますので、警告メッセージとしてお知らせいたします。お客様に必要なご対応などの詳細については、下記をご覧ください。

・・・・

違反に関する説明

アダルトまたは成人向けコンテンツに Google 広告を表示することは許可されません。これには、アダルト サイトや成人向けサイトへのリンクを掲載したり、このようなサイトにユーザーを誘導したりするページへの広告掲載も含まれます。また、アダルトサイトへのリンクは RSS や 逆アクセスランキング内のリンクなども含みます。

ちょっと待ってよ。。。この記事オリンピック前に書いたもので、もう半年近く前に投稿したものです。

しかも内容は決してシモネタの類ではありません。数値分析と社会背景の分析記事です。もちろんコンドームに関する記事ですから、性病の話もあれば、売春の話もありました。しかしどこまで行っても飽くまでも社会的な見地からの分析のつもりでした。

それなのに。。。本当に残念でした。

さらにメールを読み進めると以下のような記述も。

アダルトまたは成人向けコンテンツに Google 広告を掲載することは許可されません。これには性的嗜好に関するコンテンツや、性的な補助製品について宣伝、販売、取り上げているサイトが含まれます。次に例を示しますが、これらに限定されません。

  • 不適切とみなされる可能性のある性的な執着や慣習
  • 性的行為のための道具(バイブレーター、人工ペニス、潤滑剤、セックス ドールなど)
  • 陰茎増大および豊胸器具
  • 成人向けのおもちゃや商品(アダルト DVD 、ゲーム、成人向けアプリなど)

「性的な補助製品について宣伝、販売」とな。

要は記事内容が性的であるかどうかに関わらず、上記に該当する商品に関わる広告もダメのようです。

これについては思い当たる節がありまして、記事の最後でサガミのコンドームのAmazonアソシエイトリンクを貼っていたのです。(画像掲載したいけど怖いのでしません。興味がある方は過去のキャッシュでもご覧ください。2016年12月5日に変更を加えています。)

コンテンツの見直しと広告の削除で対応することにした

そういうわけで、記事から一部内容の削除、言葉使いの修正とAmazon広告の削除が原因として捉えることにしました。

流石にコンドーム配布というニュースの歴史は性的な内容とは言えないと思いますし、さらにはブラジルの社会的な背景に関する記述は残すこととします。

一方で、出会い系アプリの紹介の話など性的な想像をイメージさせる売春の話、そして言葉使いは確かに広告が貼ってあるというのは広告主にとっても気分が悪いでしょう。そして最も問題となったとかんがえられるコンドーム広告の削除を実施することにしました。

辛いけど対応する以外に方法はない

Googleは私企業であり、嫌なら付き合わなければいいということが結論です。

広告主が求めるものだけに広告を付けることが求められており、それがGoogleの信頼につながるわけです。

今回のように性的なことを目的とした文章でなかったとしても、広告主が嫌がるようなものは潰していく。これがGoogleが考えていることのように思われます。

とりあえず今回は上記のような対応をして、今後また警告が来ないことを切に祈ります。何かあれば追記していきたいと思います。

追記

後日改めてGoogleさんから2度目の警告を受けました。もうここまで来るとコンドームというキーワード自体がアウトのようです。かなり抗議したい気持ちですが、我慢してこの記事だけ広告を非表示にしました。そろそろ停止とかになると怖いので。

ちなみに広告を一部の記事だけ出したくない時にはWidget Logicというプラグインが便利です。

こちらの記事も一緒にご覧ください

MixHostへ乗り換えた5つの理由。ロリポップに疲れ果てているあなたに。

素人がSimplicityにコピペで行った17のCSSカスタマイズを残しておくよ

ロリポップのWordPress運用が重いので、MixHostで速度向上を実現した

ロリポップからMixHostへのサーバー移行したよ!プラグイン不要の移転方法を画像付きで説明!

Googleアドセンスの二次審査通過!巷で噂される審査基準の怪しさ

Sponsored
 
関連記事

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします